2007/09/28

PowerBuilder 先輩からの教え 其の壱

新しい会社に入って早1年半。
クライアント用ツールも少しづつ作れるようになったものの、まだまだ駄目なところが多い今日この頃です。
さて、先日ツール作成時に先輩から助言があったのでカキコ。

★プログラム開発の初歩
 ・プログラムは必要な引数等全てを事前に下処理する
  例)DBへの接続は事前に。
    変数の初期化も事前に。
    ↑基本といえば基本なんだけどね。。。
★PowerBuilderではこうやる!
 ・各関数で共通変数はglobal変数に。
  トランザクションオブジェクト名もglobal変数に。
 ・変数初期化やDB接続はopenイベントに記述。
  例)
  //変数初期化
  aaa = 0
  bbb = "Hello World!"
  //トランザクションオブジェクト作成
  trans = create transaction ← これ♪
  //DB接続情報 格納
  trans.DBMS = "O73 ORACLE 7.3"
  trans.ServerName = "xxx"
  trans.LogId = "yyy"
  trans.LogPass = "zzz"
  trans.AutoCommit = False
  trans.DBParm = "PBDBMS=1"
  //DB接続
  CONNECT USING trans;
  //DB接続判定  
  if trans.SQLCODE = 0 then
   //接続成功
  else
   //接続失敗
   iRet = messagebox("接続エラー", "xxxxxxへの接続ができませんでした。~n処理を終了します。", stopsign!)
   if iRet = 1 then
    w_main.close()
   end if
  end if
  //DB切断
  DISCONNECT USING trans;
スポンサーリンク

スポンサーリンク