2011/08/11

低消費電力パソコンの今について

image

現在行われているDOS/V POWER REPORTの自作PCの祭典2011 真夏の省電力スペシャルに参加してみました。

エントリーされた方々の構成から、低消費電力パソコン(ハードウェア)の今、旬をまとめてみました。
ハード以外にも考慮できる点もあるので一緒にメモしておきます。
これらをやれば、ぐっと電気代が減るかもしれませんね。
特に、24時間稼働しているパソコン・サーバは特に効果がありますので、是非やってみてはどうですか?

★インテルの場合

image

  • CPU - Intel Core3i 2100T(35W)
  • M/B - DH61AGが人気?

★AMDの場合

image

  • CPU - AMD E350(Fusion APU)
  • M/B - ASUS E35M1-M PROが人気

★番外編~マニアが好きなVIAの場合

image

  • CPU - VIA Nano X2
  • M/B - EPIA-M900
    ※Nano X2はまだ発売されていないはず

★その他共通

image

  • 電源 - 80 PLUS GOLD系
  • 記憶装置 - SSD+グリーン系HDD
    ※WDが他社に比べて消費電力が低いです。ソースはここ
  • ディスプレイ - バックライトにLEDを使っているもの。
    24インチクラスだけでみると、ACERの消費電力が17Wとかなり低い(ソースは価格.com
    ※私が使っている24インチは70~140Wとかなり大食いです。

★設定・ソフトウェア

image

  • マシンはサスペンド(スリープや休止状態)を使う
    サスペンド状態であれば3W程度なので、実害はない。
    逆に停止→起動だと起動時に100W以上の電気を使います。
  • BIOS上で余計な機能を切る
    例えば、シリアルポートやオンボードオーディオなど(人によるけど)
  • DVDドライブなど頻繁に使わないなら外付け化する
  • CPU負荷で周波数をコントロールするユーティリティを使う
    AMDだとk10stat
  • OS上の電源プランの見直し
  • IOデータが出しているエコ番人など節電ユーティリティを使う
スポンサーリンク

スポンサーリンク