2011/11/10

WHS2011でインストーラーが落ちる

Windows Home Server 2011で実行しているPythonプログラムですが、PyWin32という拡張ライブラリを経由してWin32APIにアクセス、バッチファイルとしてつかっています。

バックグラウンド処理やちょっとした処理をするときにPythonはかなり使えます!

Pythonを使うためには、本体をインストールしなければなりません。

本体のインストールは問題ありませんでしたが、PyWin32をインストールするとファイル展開のときにインストーラーが落ちる現象がおきました。同一ファイルをWindows7では問題なくインストールできたんですが・・・

最終的に何とかインストールできたので、対応方法をメモしておきます。

「互換性のトラブルシューティング」機能を使ってインストールする

インストーラーが落ちるソフトウェアを選択→右クリック→互換性のトラブルシューティングを選択。

以前インストールできたOSのバージョンを選択し、プログラムを開始するとインストールがうまくいくかもしれません。

image

image

image

image


Windows7に未対応ソフトウェアをインストールするときにも使えるかもしれません。

絶対インストールできるか分かりませんが、インストール関係で困ったときに活用してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク