2012/03/28

LinkWithInを使って404ページ内に関連記事をのせる-直帰率対策-

image

Bloggerのカスタムエラーページを作ったのはいいのですが、そのままだと訪問者はガックシ&直帰率がアップしてしまいます。

せっかく来てもらった訪問者にオススメの関連記事を見てもらい、直帰率対策をしてみました。

関連記事ガジェット「LinkWithIn」は安定してるね!

image

サムネイル形式の関連記事を探してみたところ、いくつか見つけ実際に導入してみました。

結果、LinkWithInが一番安定したので採用!

LinkWithInの使い方

  1. LinkWithInでコードを発行
    image
    LinkWithInにアクセスし、コードを発行しましょう。
    Bloggerガジェットもありますが、HTML内に埋め込みたい方はPlatformをOtherにしてください。
  2. コードを埋め込み
    image
    HTMLの編集画面でstatus-msg-borderクラスを検索してください。
    その配下にコードを埋め込んでください。

もし関連記事が表示されなかったら・・・

コードを埋め込んだ後にLinkWithInの関連記事が表示されなかったら、下記コードを表示させたい場所に貼り付けてください。

私は下記コードを貼り付けたら関連記事が表示されました。

<div class='linkwithin_div'></div>

余談:OutBrainも使ったけど不安定だった

私だけなのかな?

OutBrainの関連記事サービスを使ってみたけど、表示が不安定なんですよね。

安定するまで時間がかかるのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク