2012/05/03

SSMSが重いので「汎用SQL開発環境」を使ってみた~A5:SQL Mk-2

image

SQL Server ExpressはWindowsで使える無料データベース。

非常にいいんですが、管理ツールSQL Server Management Studio(SSMS)が重すぎる・・・

2008で起動が速くなった感じはしますが、SQL Server 2000 Engerprise Managerに比べるとまだまだ重い感じがします。

細かい設定はSSMSを使うとして、日常業務用として使いづらいところがあるので汎用SQL開発環境を使ってみました


2012.05.03 A5:SQL Mk-2の開発者様からコメントいただきました。

ナイス情報を教えていただきましたので記事を追記しました!

SQL Serverにも対応している汎用SQL開発環境

SQL Serverに対応しているWindowsで使える汎用SQL開発環境を探してみました。

日本語に対応して、使いやすそうなのは以下の2点かな?

A5:SQL Mk-2は軽いな~

image

時間がなかったので、試しにA5:SQL Mk-2を使ってみましたが、非常にいいですね。

とくによかったのが、

  • 起動&動作が軽い
  • ADO接続が可能
  • エクセルのセルをコピー→テーブルに貼り付けが可能
  • ER図の作成が可能

といったところ。

エクセルとの親和性が高いのがいいですね!

黒猫SQL Studio Nextも軽くていい!

image

黒猫さんも使ってみましたが、こちらもいいですね。

特にインターフェースはA5:SQL Mk-2よりも洗練されています!

機能的にはA5:SQL Mk-2の方がよさげかな?

両者ともにインストーラはなし!

image

A5:SQL Mk-2も黒猫さんインストールする必要がありません。

USBメモリに入れておけるので、出先で環境さえ整っていればすぐに使えます。

A5:SQL Mk-2はストアドプロシージャが動作しない・・・しました

image

A5:SQL Mk-2ですが、ストアドプロシージャが正しく動作しないんですよね。

↓の簡単なストアドプロシージャを実行すると「SQLの実行:-1件実行しました」と表示されます。

ストアドプロシージャを使う場合は、SSMSで実行か、黒猫SQL Studio Nextを使いましょう


Declare @hoge int = 100

select * from taro where num < @hoge


※2012.05.03 記事修正

A5:SQL Mk-2の開発者様からコメントいただきました。

ストアドプロシージャの実行結果が「SQLの実行:-1件実行しました」になる件は今後修正していただけるようです。

また、開発者様からおしえていただいたコマンドCtrl+Shift+Enterを押すと下記のように結果セットを取得するストアドプロシージャが実行されました。

このコマンドはA5:SQL Mk-2のホームページに記載されていないとのこと。

いいこと教えてもらっちゃった!

image

使い勝手がよかったら是非寄付を!

A5:SQL Mk-2は誇示転移に使い勝手がよかったので先ほど寄付をしました。

A5:SQL Mk-2 寄付の募集

SSMSの重さに耐えられない方は導入してみてください。

個人的にはいいツールだと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク