2012/11/08

ThinkPad X1 Carbonの中身を見て分かった事!やっぱりオンボードか・・・

2012-11-07 20.21.15

現在使い倒しているThinkPad X1 Carbonですが、ビジネスユースのため保守性がどうなのかキーボード部を外して中身を確認してみました。

感想は「やっぱりメモリはオンボードか・・・」です。

なお、本記事はLenovoが提供しているハードウェア保守マニュアルをしっかり読んでから行っています。

分解によりハードウェアが故障する可能性がありますので、同様のことをする場合はマニュアルをしっかり読んでください。

X1 Carbonの中身はこうなっている!

背面にあるビス7本を取り外すことでX1 Carbonの中身を見ることができます。

ビスは取れるタイプですので、なくさないようにしましょう!

さて、メインボード部は↓のようになっています。

2012-11-07 20.53.22

キーボード側はこんな感じ。

2012-11-07 20.53.16

CPU

ファンはかなり薄いです!CPUもちっさいです。

2012-11-07 20.53.39

メモリ

メモリはオンボード固定、チップメーカはhynix製でした。

2012-11-07 20.53.36

メモリ容量は4GB固定だと思っていましたが、レノボのサイトを見ると8GB版のX1 Carbonがありますね。

本当に8GBなのかな・・・

image

SSD

SanDisk製256GB。横長タイプ。

形状さえあれば他メーカに交換可能?

2012-11-07 20.53.49

チップセット?と無線LAN

正面がQS77のチップセットだと思います。

無線LANはIntel Centrino Advanced-N 6205S、形状はハーフサイズではありません。

2012-11-07 20.53.54

SIMスロット

2012-11-07 20.53.54

USBポートとDポートまわり

2012-11-07 20.54.01

ボタン電池

ど真ん中にあるコードにかくれてます。

2012-11-07 20.54.14

バッテリ

薄くて横長です。

2012-11-07 20.54.21

キーボード背面

背面全体にリブが入っており、強度を高める作りになっていますね。

2012-11-07 20.55.33

2012-11-07 20.54.48

2012-11-07 20.54.56

保守性:ユーザが簡単に行える交換パーツ

画像を見れば分かりますが、ユーザが簡単に行える交換パーツ

  • SSD
  • 無線LAN

ぐらいではないでしょうか。

もちろんCPUファンやCPUも交換可能ですが、Tシリーズに比べてカスタマイズ性や保守性はかなり悪い。

ですので、基本

延長保守に入ってLenovoにしっかりサポートしてもらう

形をとった方が安心ではないか?と思いました。

特にメモリはオンボードなので、保証期間終了後の故障はかなりの出費になるかと・・・


2回にわたってThinkPad X1 Carbonのレビューを書いてみました。

保守性の問題はありますが、個人的にはT430sよりもX1 Carbonが欲しいです。

ただし!

メモリの増設ができないため、ThinkPad X1 CarbonはHyper-Vなど仮想化を使う人やAdobe製品などメモリを喰うアプリケーションを多用するに人には向かないでしょう。

逆に、メモリは4GBで十分事足りる人になら非常に魅力的な製品です。

是非購入して使い倒してください。

X1 Carbon、これは買いたい製品です!(お金がないけど・・・)


ThinkPad X1 Carbonに関する記事

軽すぎ!Lenovo ThinkPad X1 Carbonがうちにやってきた

Lenovo ThinkPad X1 CarbonのキーボードバックライトとOS起動~おまけ編

レノボショップ 楽天市場
スポンサーリンク

スポンサーリンク