2013/02/24

日本未発売だったThinkPad Twist(S230u)を購入してみた

image
先日アメリカにおりましたので、日本未発売だったThinkPad Twistを購入してみました。
購入時は未発売だったんですけどね~渡米中に日本でも販売することを知り、若干モチベーションが下がりました・・・
そんなThinkPad Twistを約1週間使ってみて感じた内容を書いてみます。

ThinkPad Twsitに関する他の記事もありますので、是非読んでください。
ThinkPad Twistを軽く分解してみました~分解から分かる製品の出来
ThinkPad Twistに液晶保護フィルムを貼ってみた~指紋対策
ThinkPad Twistのメモリ使用率について
ThinkPad Twist 延長保証サービスでEdgeシリーズに分類されている
ThinkPad TwistにWindows 8を新規インストールするとメモリ使用量がぐっと減りました

ThinkPad Twist(S230u)のスペック

  • OS:Windows8 64bit(US)
  • CPU:Intel Core i5-3317U 1.7GHz (IvyBridge)
  • CHIPSET:Intel HM77 Express
  • RAM:4.0GB
  • HDD:HGST 500GB
  • SSD:Samsung 24GB
  • NIC:Realtek PCIe GBE
  • WIRELESS:ThinkPad 2x2 a/b/g/n Wireless+Bluetooth4.0
  • DISPLAY:12.5型HD液晶 (1366 x 768) LEDバックライト, ゴリラガラス, IPS, マルチタッチ対応(5点), HDカメラ
  • 重量:約1.5kg
2013-02-19_113542
2013-02-22_212542
2013-02-22_212709
2013.03.03 追記
予想どおり、メモリはオンボードだという証拠を見つけました。
http://www.crucial.com/store/listparts.aspx?model=ThinkPad%20Twist

私的:Twistの良い点と悪い点

2013-02-24 22.43.34
約1週間ThinkPad Twistを使ってみて感じた、良い点と悪い点をまとめておきます。
良い点
  1. X230同様12.5インチサイズはモバイルとしてちょうどいい大きさ
  2. IPS液晶のため、あらゆる角度から見ても非常に綺麗
  3. ThinkPad特有の青色っぽさが全く感じられない(T420比)
  4. Yogaのようにタブレットモードやテントモードが楽しめる。特にテントモードは使えます!
  5. 24GBのキャッシュ用SSDを搭載しているため、起動は速め
悪い点
  1. ディスプレイがびっくりするくらい指紋だらけになる
  2. 保守性がえらく悪い
  3. スリープ前後でモードが異なる場合、画面の回転が正しく動作しない場合がある(例えば、スリープ前はデスクトップモード、スリープ復帰後はタブレットモード)
  4. パームレストの淵が鋭角のため、高さによっては手首が痛くなる(Edge420使用時に経験した痛みですね)
  5. 見た目の薄さに比べて重く感じる
  6. Deleteキーの押した感触が他キーと異なる

私的Twistの位置づけ

2013-02-19 23.17.51
約1週間ThinkPad Twistを使用し、また、簡単な分解を行った限り
ThinkPad X230 Tabletの廉価版 or Ultrabook化
であると思っています。
理由は3点。
1.製品名
ThinkPad TwistはThinkPad S230Uという製品でありX230と同じ230ですが、Xシリーズではありません。
Sシリーズは、IBM時代にThinkPad S30やS31が販売されましたが、最終的にXシリーズに統合された経緯があるようです。
そのため、Xシリーズ≒Sシリーズではないかと思っています。
※個人的な推測であり、本当かどうかは全く分かりません。
2.価格
販売価格からも違いがよく見えます。
レノボ・ジャパンの公式サイトを見る限り、
  • ThinkPad X230 Tablet → 約15万円
  • X1 Carbon Touch → 15~20万円
  • ThinkPad Twist → 約9万円
となっています。
3.ハードウェア
価格の差は分解してみてすぐに分かりました。
ThinkPad X230 Tabletを使用した経験がありませんので、X1 CarbonやX230との比較になります。
  • TwistのチップセットはQMシリーズではなく、HMシリーズである
  • ロールケージが見当たらない(X1 Carbonと比較しても見当たらない)
  • メモリスロットがない(X1 Carbonと同様、オンボード固定と思われる)
  • 防滴仕様(バスタブ構造やゴム製パッキン構造)が見当たらない
  • Edge系と同じファンクションキーの仕様

ThinkPad TwistはThinkPad Edgeシリーズより確実に上位機種です。
だが、ハイエンドシリーズのT/X/Wシリーズには遠く及ばない気がしています。
どちらかというと、ThinkPad Lシリーズと同列なのかな?
「中途半端なマシン」と言われてしまえばそれまでですが、「ビジネスにおいて需要はあるマシン」なのは確かだと思います。
ハイエンドを必要としないThinkPadユーザ向け、そして新品が8~9万円で購入できるとなれば、非常に魅力的な製品ではないかと思っています。
私はセカンドPCとしてThinkPad Twistを気に入っていますが、持ち運びを多用した場合の耐久性は分解した限りハイエンドThinkPadに比べてかなり低めと判断しています。
次回は、実際に分解したそのあたりの内容を書いてみます。
ThinkPad Twistを軽く分解してみました~分解から分かる製品の出来
スポンサーリンク

スポンサーリンク