2013/03/03

Windows 8 Windows Updateが失敗する場合の対処法~エラーコード80240016

2013-03-02_121525

Windows Updateを実行した際、エラーコード80240016が出た場合の対処法をメモ。

ちなみに、私はWindows 8 Pro 64bitの環境で遭遇しました。

対処法①~ローカルアカウントの場合

対処法は、自動更新サービスを再起動して対応します。

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを実行
    image
  2. 自動更新サービス(wuauserv)を停止
    >net stop wuauserv
  3. 自動更新サービス(wuauserv)を開始
    >net start wuauserv
  4. Windows Updateを実行

対処法②~Microsoftアカウントの場合

対処法①と基本同じですが、Microsoftアカウント(旧Liveアカウント)を実行ユーザとして指定しサービスの停止・開始を行うこともできます。

  1. コマンドプロンプト(cmd.exe)を起動
  2. runasコマンドを使って、管理者権限を持つユーザで自動更新サービスを停止
    今回は、Windows 8のログインユーザ「xxxxx@live.jp」を使ってコマンドを実行してみました。
    実行後、パスワードを入力しましょう。
    image
  3. 2と同様のやり方で自動更新サービスを開始
    image
スポンサーリンク

スポンサーリンク