2013/09/10

Windows 8.1 RTM デスクトップに「Secure Bootが正しく構成されていません」が表示された場合の対処法

2013-09-10_200234
Windows 8.1 RTMをインストールして初めに気が付いた事は、デスクトップ右下に「Secure Bootが正しく構成されていません」という文字。
確かにUEFIでSecure BootのEnableにしてなかったな・・・と思い出しましたので、設定を行ってみましたので手順をメモ。
なお、Windows 8.1 RTMをインストールしたデバイスは、Lenovo ThinkPad Twist(S230u)です。
お使いのデバイスによってUEFIの設定画面の項目に差異があると思います。

2013.10.19
Windows 8.1 におけるSecure BootとUEFI規格について~UEFIのバージョンについて記事を書きました。
2013.10.20
HP Envy x2の設定方法はLenovoと異なります。いつもお世話になっているラムさんのブログ「世の中は不思議なことだらけ」の記事「Windows 8.1 のデスクトップに「Secure Bootが正しく構成されていません」が表示された」をご覧ください!
2013.10.30
「Secure Bootが正しく構成されていません」の透かしを削除するKB2902864がリリースされました。
Windows 8.1 「Secure Bootが正しく構成されていません」の透かしを削除するKB2902864を使ってみた
Windows 8.1は32bit(x86)と64bit(x64)の二種類、Windows Server 2012 R2は64bit(x64)の一種類となります。

「Secure Bootが正しく構成されていません」の表示を消す手順

  1. Shiftキーを押しながら[再起動]をクリック
    image
  2. [オプションの選択]の[トラブルシューティング]をクリック
    20130910_195946
  3. [詳細オプション]をクリック
    20130910_195953
  4. [UEFI ファームウェアの設定]をクリック
    20130910_195959
  5. [再起動]をクリック
    20130910_200006
  6. [Security]タブの[Secure Boot]を選択
    20130910_200037
  7. [Secure Boot]を[Enabled]に変更
    20130910_20004920130910_200105
  8. [Exit Saving Chages]を選択し、UEFIの設定を保存・再起動
    20130910_201312
  9. デスクトップの右下から「Secure Bootが正しく構成されていません」が消えれば終了
    image

10/30 透かしを削除するKB2902864がリリース

「Secure Bootが正しく構成されていません」の透かしを削除するKB2902864がリリースされました。
更新プログラム Windows 8.1 および R2 の Windows Server 2012 で「Windows 8.1 の SecureBoot がいない正しく構成されている」透かしを削除します。
 Windows 8.1は32bit(x86)と64bit(x64)の二種類、Windows Server 2012 R2は64bit(x64)の一種類となります。
余談:Secure Bootって何?
Secure Bootとは、UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)で規格化された技術で、OSの起動時にデジタル署名のあるソフトウェアのみ実行します。
ドライバもまたデジタル署名されたもののみ実行されます。
署名されていないウィルスやマルウェアは実行されません。※署名されたウィルスやマルウェアを出す人はいないでしょうから・・・
スポンサーリンク

スポンサーリンク