2014/02/28

IE11 自動配布の無効化ツールキット の使い方

image
一部のWndows 7に対し、IE9へダウングレード、および、IE10およびIE11用自動配布の無効化ツールキットを実際に使ってみました。
IE用無効化ツールキットをご存じない方は下記記事を最初にお読みください。
IE10から9へダウングレードする手順~IE10 Blocker Took Kitは大切です
Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキット
2013/11/13
ツールキットを適用したクライアントPC上で、Windows Updateの一覧にIE11が表示されない事を確認しました。

自動配布の無効化ツールキット の使い方

今回はIE11版の使い方を説明します。
  1. 自動配布の無効化ツールキットをダウンロード
    IE10版:http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36512
    IE11版:http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40722
  2. exeファイルを実行、任意の場所に解凍
  3. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動
  4. /Bスイッチ付きでバッチファイルを実行
    ※/UはUnBlock、/Hはヘルプです。
    2013-11-11_090417

解凍ファイルの中身

前述の2番を実行すると、下記3ファイルが解凍されます。
  1. IE11_Blocker.adm
    Group Policy Administrative Template
  2. IE11_Blocker.bat
    バッチファイル
  3. IE11_BlockerHelp.htm
    ヘルプファイル
使い方が分からない場合は、ヘルプファイル(HTML)を見てください。

IE9のダウンロード

Windows Vista/7 および x86/x64でダウンロード ファイルが異なりますので注意してください。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/internet-explorer-9-details.aspx

適用した結果

2013/11/13 Windows Updateの日でしたので、2台のWindows 7 クライアントPCで比較してみました。
※Windows 7 Professional SP1 32bitと64bit、各一台
IE11用自動配布の無効化ツールキットを適用したクライアントPCは一覧にIE11が表示されていません。
2013-11-13_084449
2013-11-13_084447
余談:バッチファイルの中身
バッチファイルの中身をのぞいてみました。
内容は引数をチェックし、各処理を実行、結果を表示してますね。
  • /Bの場合、レジストリを追加
  • /Uの場合、レジストリを削除
  • 上記以外は使い方を表示
追加されるレジストリ情報は下記の通りです。
キー:HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Setup\11.0 値の名前:DoNotAllowIE11 値のデータ:1(DWORD)
2013-11-11_090558
スポンサーリンク

スポンサーリンク