2013/12/30

Windows 8.1 Windows Live Writer 2012からBloggerへポストする際の注意点

Googleのブログサービス「Blogger」へ記事をポストする際、Windows Live Writer 2012を使用しています。
Windows Live Writer 2012はWindows 8まで問題なく使えていましたが、Windows 8.1で使用すると記事の投稿が出来ない現象が発生しました。
今回は、Windows 8.1にインストールしたWindows Live Writer 2012からBloggerへポストする際の注意点をメモ。
本現象、ほかの方も発生してるのかな・・・

画像付記事はタイムアウトし、投稿が出来ない

テキストのみの記事は問題なく投稿できます。
しかし、本文中に画像を貼り付けた場合は延々と待たされた挙句、タイムアウトを起こします。
この現象は下書きの投稿でも発生します。
image

互換モードで対処可能です

よくある手ですが、この現象は「アプリケーションの互換モード」を設定することで対処可能です。
  1. 下記パスへ移動
    C:\Program Files (x86)\Windows Live\Writer
  2. WindowsLiveWriter.exeの[プロパティ]を開く
  3. [互換性]タブを開き、[互換モード]を[Windows 7]に変更 
    image
余談:Windows Essentials 2014はリリースされるんですかね?
Windows Live Writer 2012はWindows Essentials 2012に含まれる1アプリケーションです。
そのWindows Essentials 2012のシステム要件を見ると、OSはWindows 7 / 8 / 2008 R2となっており、Windows 8.1は対象外です。
対象外のため、今回の設定を施す必要があるのはしょうがない事かなと。
個人的には、Windows 8.1に正式対応したWindows Essentials (2014?)のリリース、そして、Windows RT版が出てほしいな~と淡い期待をしております。
スポンサーリンク

スポンサーリンク