2014/01/12

Windows 8.1 ストア アプリを完全に終了させる方法

image
Windows ストア アプリの再起動方法に続き、アプリを完全に終了させる方法をメモ。
こちらはmsdnのブログ記事から知りました。
まだまだ知らないことが多いですね。。。

2014.01.12 Windows ストア アプリのアプリケーション ライフサイクルについて追記しました

Windows ストア アプリを完全に終了させる方法

従来のアプリケーションは
  • [Alt]+[F4]を同時に押す
  • [タスク マネージャ]からプロセスをkillする
の方法がありますが、今回はジェスチャによる方法です。純粋なWindows タブレットで使うために必須でしょう。
  1. アプリの上端を掴み、下へスワイプする(サスペンド・モードと同じ)
    image
  2. 画面底でアプリを掴んだまま、しばし待つ
    image
  3. アプリがフリップ(反転)したら、離す
    image
この手順を行う事で、アプリが完全に終了し、メモリが解放されます。
実際に終了させると、下記画像のようにGoogle ChromeとInternet Explorer(デスクトップ版)の間にあるストア版Internet Explorerのプロセスがなくなりました。
image
image
余談:元ネタ
元ネタはmsdnのブログ記事になります。
http://blogs.msdn.com/b/wsdevsol/archive/2013/12/12/swipe-down-to-kill-changes-in-windows-8-1-store-apps.aspx
記事を見ると今回の内容は、Windows 8とWindows 8.1で挙動が違うと書かれています。
内容に間違いがあるかもしれませんが、自分なりの解釈をメモしておきます。
Windows 8の場合
  1. オン・スクリーンではない場合、アプリは「サスペンド・モード」になる
    ※CPUとディスクI/Oの使用率を減らす目的
  2. システムがメモリを必要とした場合、サスペンド状態のアプリを終了し、メモリを解放する
  3. アプリの上端を掴み、下へスワイプするジェスチャ≒[Alt]+[F4] / [タスク マネージャ]からの終了
  4. 次回同じアプリを立ち上げると、起動に時間がかかる
    ※特にローエンドなマシンや特定のアーキテクチャの場合
Windows 8.1の場合
  1. アプリを閉じるジェスチャ(Windows 8の場合 - 3)の挙動は、サスペンド・モードとなる
  2. アプリがおかしくなったら、アプリを閉じるジェスチャを行い、すぐに同じアプリを起動する=新しいインスタンスを起動
  3. 本当にアプリを終了させたい場合、同ジェスチャを行い、画面底でドラッグしたまま待つ→画面が反転したらドロップする
追記:アプリケーションのライフサイクル

msdnにWindows ストア アプリのライフサイクルに関する説明がありました。

アプリケーションのライフサイクル (Windows ストア アプリ)

開発者用になりますが、今回説明した内容が明記されいます。

お時間ある方は是非読んでみては如何でしょうか。

アプリの実行状態が切り替わるようすを示す状態図

スポンサーリンク

スポンサーリンク