2014/07/10

突然の長時間停電に役立つ「ガス燃料発電機」を知ってますか?

昨今の企業では、規模・業態にかかわらずサーバやパソコンをお使いだと思います。
突然の停電が起きた場合、業務をストップする事が出来ないのではないでしょうか。
無停電電源装置(UPS:Uninterruptible Power Supply)があるから大丈夫!
間違いではありませんが、長時間停電には対応できませんよね?
今回は、突然の長時間停電に役立つ「ガス燃料発電機」をご紹介
安いものではありませんが、あってよかった!な機械です。

2014.07.11 更新
文章の誤字脱字を修正しました。

ガス燃料発電機とは?


ガス燃料発電機とは、LPガスを燃料にした発電機です。
ご家庭で使うカセットガスボンベ、あれです。
UPSはご存じの通り、「接続機器の総ワット数等を計算し、大体の給電時間が得られます」。
瞬間停電や5分程度の短時間停電、ブレーカが落ちた場合に威力を発揮してくれますが、地震や電線の切断による長時間停電が発生した場合、UPSでは賄えきれません
小さな会社でも手軽に導入できるのが「ガス燃料発電機」です。

タイプは2種類

ガス燃料発電機は私が知っている限り2種類。
  1. カセットガスボンベを使うタイプ
    入手しやすいが、長時間対応は難しい
    image
  2. LPガス容器を使うタイプ
    燃料屋さんから購入するため入手しにくいが、長時間対応が可能
    image

ガス燃料発電機は扱いやすいですよ

私が使用している製品は三菱重工「MGC900GP」です。
image
  • LPガス容器を使うタイプ
  • 連続運転時間は約10時間(5kgのLPガス容器1本)
  • インバータ発電機のため、パソコンやサーバなどで利用可能
  • 空冷4サイクルOHV ガスエンジンを使用
    交流 定格出力 850VA、定格電圧100V
  • 50Hz/60Hzの周波数切り替えが可能
  • エンジンオイルが約400ml必要
    ※オイルは未注入です、購入後に調達しましょうね!
  • 回転数の調整バーがある
    ※寒い日や雪国で活躍できます
  • LPガス容器を接続する専用アダプタとホース付
事前テストで数回使ってみた限り「扱いやすく良い製品」という印象があります。
テスト前に気になった発電機とホースの接続は、使用者が接続します。
難しい作業ではありませんし、怖い作業だと思う必要もありません。
その道のプロである燃料屋さん曰く、下記だけ順守してほしい!と言っていました。
  • ホースを取り付ける前に、ガス容器のコックが閉まっている事を確認する
  • ホースを取り外した後に、ガス容器のコックが閉まっている事を確認する
当然の事ですが、使用上もっとも気を付けるべき事=ガス容器のコックの開閉状態です。

Honda製、いいです!

ガス燃料発電機を使ったから分かった事。
それは、ホンダのインバーター発電機の方がよく考えられた作りです!
理由は2点。
  • 2台を並列接続できる
    発電機をもう一台購入し定格出力が倍にする事ができます。
    900VAであれば倍の1,800VAになります。
    連続運転時間は変わりませんが、1台の定格出力を超えてしまう状況だとこれは非常に便利です!
    image
    http://www.honda.co.jp/generator/technology/index.html#icon5
  • 防音ボックスのオプション品がある
    発電機のエンジン音は結構大き区、バイクのエンジン音だと思ってください。
    野外、かつ、夜間だとご近所に迷惑をかけますよね。
    image
    http://www.honda.co.jp/generator/option/silentbox/

LPガス容器の取り扱いと連絡体制の整備、等

運用計画 作成時に気が付いた事を殴り書きます。
  1. ガス燃料
    燃料屋さんに確認した内容です。
    地域や企業によって内容が変わるかもしれません。予めご了承ください。
    1. ガス燃料の特性
      • ガス燃料の使用前にプロへ相談
      • 購入を前提に、正しい使い方を教えてもらう
      • 環境にあった種類や圧力(低圧かどうか)などを把握する
    2. LPガス容器の保管場所
      • 通期の良い場所であること
      • 日が当たらない場所であること
    3. LPガスの定期交換
      • ガスは少しずつ抜けてしまうため、定期交換が必要
      • 容器単位で交換する
    4. 料金
      • 補充した分を請求
  2. 連絡体制
    ガス燃料発電機を長時間使った場合を想定します。
    • 担当者の連絡先を必ず確認する
      ※担当者が退職してしまう恐れがあるので
    • 曜日・時間の制約があるか確認する
      ※日曜日・夜間は未対応など
  3. 発電機の保管・使用上の注意
    1. 爆発の危険があるため、製品マニュアルを熟読する
      ※多人数で使う場合は、コピーし配布
    2. 製品マニュアルに記載されているとおりに操作する
      ※多人数で使う場合、イレギュラーな使い方は基本しない
    3. 発電機から出る排気ガスは有毒なため、設置個所は必ず外にする
      また、風向きを考慮する事
    4. 延長ケーブル型ドラム(電工ドラム)を準備しておく
      ※ケーブル長は経路を考慮する事
    5. 運用マニュアルを整備
      ※設置方法だけでなく撤去方法、保管方法も明記する事
    6. 発電機、および、ガス容器は見える場所に置くこと
    7. 発電機、および、ガス容器の周りには物を置かない事
    8. 半年、または1年に一回は発電機のテスト、および、ガスの残容量を確認する事
これらは非常に大切な内容です。
ガス燃料や発電機について分からない事があれば、分からないままにせず各プロに確認する事をお勧めします。
最後に、下記画像は、私が作成したマニュアルの一部です。
image


スポンサーリンク

スポンサーリンク