2014/08/18

Adobe Reader メニューが英語になった場合の対処法

Adobe Reader Xのバージョンアップ後、メニュー バーの文字が英語表記になるケースが多くありませんか?
一部環境ではすぐに戻せるのですが、一部クライアントやサーバーではうまく戻すことが出来ない場合がありました。
今回は、Adobe Reader のメニューが英語になった場合の対処法をメモ。
対象となるバージョンは、
  • Adobe Reader X
  • Adobe Reader XI
になります。

現象

画面上文字が英語表記になります。

方法1:言語を[日本語]に変更する

[Ctrl]ボタンを押しながら、Adobe Reader を起動してます。
起動すると、言語の選択ウィンドウが出ますので[日本語]を選択し[OK]ボタンをクリックします。
2014-08-18_091204
この操作は、[Edit]→[Preferences]→[International]→[Application Language]→[Choose at application startup]を選択し、Adobe Reader Xを再起動した時と同じ動作になります。
2014-08-18_091111
※Adobe Reader XIの場合、上記[International]は[Language]になります。
image

方法2:アプリケーションをリペア(修復)する※要OS再起動

Adobe Readerのリペア機能を使って修復を行います。
[Help]→[Repair Adobe Reader Installation]をクリック、ウィザードに従い[修復]を行います。
image

方法3:(特殊)ESET社セキュリティ対策ソフトの設定変更

私はESET社のセキュリティ対策ソフトを愛用していますが、このソフトウェアの[リアルタイム ファイル システム 保護]機能が原因となる場合があります。
環境は下記の通り。
  • ESET NOD32 AntiVirus 7(英語版)
  • Adobe Reader X
解決した時の手順は下記の通り。
  1. Adobe Reader Xを起動
  2. [Edit]→[Preferences]→[Security Enhanced]→[Enabled Enhanced Security]のチェックを外し、[OK]ボタンをクリック
    2014-08-18_113546
  3. [設定を変更するか?]と聞かれるので、[OK]ボタンをクリック
    2014-08-18_115555
  4. Adobe Reader Xを一度閉じる
  5. ESET NOD32 AntiVirus 7を起動
  6. [Setup]→[Computer]→[Real-time file system protection]のトグルボタンをクリック、[Disable for 10 minutes]をクリック
    2014-08-18_113924
  7. [Ctrl]ボタンを押しながらAdobe Reader Xを起動、[日本語]を選択する
    2014-08-18_091204
  8. Adobe Reader のメニューが日本語になっていれるか確認
  9. 日本語になっている場合は、下記設定を元に戻す
    • Adobe Reader の[セキュリティ(拡張)]の[拡張セキュリティを有効にする]にチェック
    • ESET NOD32 AntiVirus の[Real-time file system protection]機能を[Enabled]に変更
テストを何度か試した限り、ESET NOD32 AntiVirus の設定を無効にしAdobe Readerの設定を一度行えば2度目以降は問題なく日本語として起動します。
参考にしたサイト
スポンサーリンク

スポンサーリンク