2015/12/17

Adobe PDFファイルが白黒ではなくカラーで印刷されてしまう場合の対処法

先日見事に嵌った内容をメモ。
PowerShellを使って複数のPDFファイルを印刷したところ、プリンターのカラー設定を白黒にしているにも関わらず全てカラーで印刷されました。
いつもサードパーティのPDFビューア/ツールを使っているため調査に手間取りましたが、結果Adobe Acrobatの印刷設定が原因である事が分かったのでメモ。

白黒設定のはずがカラーで印刷される・・・

(既にサポートが終了している)Adobe Acrobat X StandardでPDFファイルを開き、プリンターへ印刷指示を行うとプリンターのカラー設定が白黒にも関わらずなぜかカラーで印刷されました。
Adobe Acrobatの印刷設定をパッと見た限り、それらしき設定がありません・・・
プリンターの設定はこちら。

なお、Acrobatではありませんが最新版Adobe Reader DCでは[グレースケール(白黒)で印刷]のチェックボックスがあり、簡単に白黒印刷ができます。

プリンターのカラー指定でPDFを印刷する方法

調査した結果、プリンターのカラー設定(白黒 or カラー)に従ってPDFを印刷したい場合は印刷の詳細設定にある「プリンターによるカラー指定」の設定を有効にする事で解決します。
設定手順
  1. 既定のプリンターの既定カラーを白黒に変更
    ※既に変更している場合はスキップ
  2. Adobe Acrobat Xを使用しPDFファイルを開く
  3. [ホーム]→[印刷]を選択
  4. プリンターを指定
  5. [詳細設定(D)]をクリック
  6. [カラーマネジメント]→[プリンターによるカラー指定(P)]にチェック
  7. [OK]ボタンをクリック
  8. 印刷
印刷する事で設定内容が保存され、次回もプリンターのカラー設定に従って印刷されます。

    注意点:他のユーザーも同一設定が必要

    (当然と言えば当然ですが)この設定はユーザー単位で指定しなければなりません。
    例えば、下記操作を行うとカラー印刷されます。
      1. 一般ユーザーでサインイン
      2. 管理者権限でPowerShell ISEを起動
      3. PowerShell ISEからStart-Process コマンドレットを使用しPDFファイルを印刷
        場合によっては別ユーザーに対しても設定を行う必要性があります。

        ※大規模展開用Adobe Readerで対応できないかなぁ?と思い、現在調査中です。
        スポンサーリンク

        スポンサーリンク