2015/12/09

HP ENVY 8 Noteを購入しました~レビュー編

先日アメリカから輸入したHP ENVY 8 Noteの本体および使用感をメモ。

本体スペック

HP ENVY 8 Noteのスペックは下記の通り。
  • Windows 10 Home 64bit Build10240
  • Intel Atom™ x5-Z8300(1.44 GHz, up to 1.84 GHz, 2 MB cache, 4 cores)
  • 2 GB LPDDR3-1600 SDRAM
  • 32GB eMMC(SK Hynix HBG4e)
  • 8インチFHD(1920 x 1200)
  • IEEE802.11ac (2x2) and Bluetooth® 4.0 LE; 4G LTE Verizon
  • MicroSD(SDHC/SDXC対応、Max128GB)
  • Audio B&O Play
  • Wacom Pen
  • 本体 367g(0.81 lb)

タブレット 使用感
実際に使ってみた限り、ライトなビジネス アプリケーションは快適に動作します。
OneNoteやブラウジングなどはストレスフリーで作業できました。
YouTubeやHulu、Skype for Bisinessなど動画がメインなサービス・アプリケーションも快適。

※上位CPUを搭載したSurface 3の記事になりますが、非常に参考になります。
Surface 3でAtom x7-Z8700の実力をチェック - Watch Impress

Atomなタブレットにやらせる作業ではありませんが、少し重たい作業はどうか?
40MBのCSVファイルをExcelで作業させるとスクロールするだけでCPUが跳ね上がり、動きが緩慢になります。

そんな時はAzure VMと自宅サーバーで処理させています。
HP ENVY 8 Noteで出来る事と出来ない事をよく理解する事が大事ですね。
ストレージはそこそこ
CrystalDiskMarkのベンチ結果は以下の通り。
eMMCとしては標準的な速度ではないでしょうか。
microSDはあった方がいい
Windows 10 Home Build 10240からPro 1511(TH2)へアップグレードした直後の空き容量は16.5GB
Office 365 ProPlusや業務アプリケーションなどを入れるとユーザー データの保存が困難になるため、microSDを別途用意するといいでしょう。

キーボード

HP ENVY 8 Note最大の特徴は何といっても本体よりも大きいキーボード
  • 一般的なUS配列
  • キーのサイズは14x13mm
  • キーピッチは16-17mm
  • [Fn]キーは[Ctrl]と[Win]の間に配置
  • [PgUp]、[PgDn]キーは[Fn]キーと組み合わせ 
  • 最上段キーはマルチメディアキー
  • タブレットとの接続はBluetooth 

キーボードにはフェルトの蓋が付いています。
フェルト側の端に磁石が埋め込まれているため、蓋がパカパカしません。

蓋を折りたたむと蓋とキーボードの間に空間が出来きます。
空間が出来た事でキーボードが撓む心配をしていましたが、実際に使ってみた限り問題ありませんでした。

気になるキーの打ち心地は、非常にいいと思います。
キーの深さはThinkPad トラックポイント・キーボードと比べると浅め。しかし、剛性が高いのか底打ち感が強いです。
キーボードに本体を収納できる仕組みが特徴
HP ENVY 8 Noteは”キーボードに本体を収納”できます。

本体はすっぽり収納されます。

キーボードの収納部は硬質ゴムと思われる素材、そのため本体に傷をつける事なく収納可能です。
反面、出し入れは少しキツイので両手を使うようにしています。
キーボードの問題点
非常に気に入っているキーボードですが、いくつか問題があります。
  • ファンクションキーへの切り替えが利用できない
    ThinkPadやSurfaceではキーの組み合わせでクラシックなファンクションキーへ切り替えできます。
    残念ながらHP ENVY 8 NoteのBluetooth キーボードはファンクションキーへの切り替えが出来ませんでした。
    Fn+Fxの組み合わせを利用せざるを得ないようです。
  • FnとCtrlの入れ替えもできない
    ファンクションキーへの切り替え同様、FnとCtrlの入れ替えも出来ません
  • タッチパッドを無効化できない
    幅広なタッチパッドに手の一部が触れカーソルが飛ぶ事がしばしば。
    タッチパッドを無効化したいところですが、こちらも無効化出来ません。
HPから設定変更ソフトウェアをリリースしてくれないかなぁと思っています。

スピーカーは秀逸

HP ENVY 8 NoteのAudioはBang & Olufsen(B&O)を使用、音質は素人の私でもはっきりと良さ分かりました。
今まではNexus 7でHuluを見ていましたが、HP ENVY 8 Noteで見るようになりました。


充電はmicroUSB(USB2.0)を使用

HP ENVY 8 Noteの充電はmicroUSBケーブルを使います。
ACアダプターの出力を見ると5V2Aとなっており、付属のUSB充電アダプターを使うか、AnkerのUSB急速充電器 ACアダプターを使って充電しています。

Bluetooth キーボードもmicroUSBケーブルで充電するので、2ポート以上のUSB急速充電器 ACアダプターを使うと良いでしょう。


OTGサポート!
HP ENVY 8 NoteのmicroUSBはUSB On-The-Go(OTG)をサポートしています。
専用のOTGケーブルを使う事でUSBデバイスが使えます。


ワコムなActive Penは単6電池を使用

付属のHP Active Penはワコム製でした。
Active Penにはボタンが2個ついており、”ワコムペン”ソフトウェアから設定する事が可能です。

使用する電池はSurface Penと同じ単6電池です。
入手性は悪い電池のようですが、Amazonで購入可能なのは嬉しいですね。



技適がないので、日本のSIMは使えません

HP ENVY 8 NoteはアメリカVerisonのSIMカードが付属されており、LTEが使えます。
残念な事に技適がない(様子)ので日本のSIMは使えません。

購入してよかった?

アメリカから輸入したHP ENVY 8 Note、購入してよかった?と聞かれたら「買ってよかった!」と言います。
  • ちょうどいい大きさ
    8インチ サイズは片手で持て、またズボンのポケットに入る大きさ
  • 打ちやすいキーボード
    キーピッチが16-17mm、ストレスなく文字入力できます。また、US配列である事が最高です!
  • 優れた携帯性
    キーボードにタブレットを収納でき、また1㎏未満の重量は携帯性が非常にいいです。
キーボードに関しては前述のとおり問題がいくつかありますが、それらを差し置いても買ってよかったと思えるデバイスです。

日本でもHP ENVY 8 Noteが販売されるといいですねー。
http://store.hp.com/us/en/pdp/tablets/hp-envy-8-note-tablet---5003
余談:この使い方が好き
最近はタブレットを縦に配置し隣にGalaxy S5をはめるスタイルを多用しています。これが本当に使いやすい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク