2016/03/17

PowerShell を使ってVPN接続を追加する~Add-VpnConnection

最近Windows 10のインストールを何台も行っています。
インストール後の各種セットアップの一つに「VPN接続を追加する」作業があり、手動でやっていては時間がかかりすぎるのでPowerShellでVPN接続を追加するサンプルを書いてみました。

VPN接続を追加する

今回書いたサンプルはYAMAHA RTX1200/RTX810のVPNサーバー(L2TP/IPsec)に接続するためのものです。
最後にコマンドプロンプトを使っています。
VPN接続に必要なユーザー名とパスワードを設定するコマンドレットがないため、Rasdial.exeを使って登録した次第です。

$VpnName = "<VPN Name>"
$VpnUrl = "<Server Name>"
$PreKey = "<PreShared Key>"

$RasExec = "C:\windows\system32\rasdial.exe"
$VpnUser = "<VPN User Name>"
$VpnPass = "<VPN Password>"

#Remove Vpn Adaptor
#Remove-VpnConnection -Name $VpnName -Force -PassThru

#Create VPN Adaptor
Add-VpnConnection -Name $VpnName `
                  -ServerAddress $VpnUrl `
                  -RememberCredential -L2tpPsk $PreKey `
                  -AuthenticationMethod MSChapv2 `
                  -EncryptionLevel Required `
                  -TunnelType L2tp `
                  -Force

#Add User & Pass
cmd.exe /c $RasExec $VpnName $VpnUser $VpnPass

#Disconnect
cmd.exe /c $RasExec /Disconnect
参考サイト
Windows PowerShell を使って Windows 8 で VPN 接続を管理する
スポンサーリンク

スポンサーリンク