2016/06/28

Office 365版Office 2013から2016へのアップグレード通知を抑制する方法

一部PCのOffice 365版Office 2013製品を開くと「新しい OFFICE をインストールしましょう」の通知バーが表示されるようになりました。
Office 2016にアップグレードできない理由がある場合はどうするのか?を確認した内容をメモ。

現象

Office 365版Xxxx 2013を起動(例えば、Outlook 2013)すると、通知バーが表示されました。
新しい OFFICE をインストールしましょう
Office 365 所有者の得点の1つです。

[Office の更新]ボタンをクリックするとC2R(Click-to-Run)の実行ファイルをダウンロード&実行しようとします。

ユーザー アクセス制御(UAC)を有効にしていたため、確認画面で[いいえ]ボタンを押し難を逃れています。
UACを強制無効にしていた場合、どうなるんでしょうかね?

アップグレード通知を抑制する方法

何らかの理由によりOffice 2016へアップグレードできない場合は、トラブルを極力起こさないため通知を抑制する事が大事です。
ドメインに参加している場合
例として、Windows Server 2012/2012 R2 Essentials(以後WSE)のドメインに参加しているクライアントPCに対しグループ ポリシーで一括設定します。

最初に、Office 2013 グループ ポリシー管理者用テンプレートをWSEに導入します。
手順は以前の記事を参考にしてください。
ドメイン環境に「Office 2013 グループ ポリシー管理用テンプレート」を導入してみた | 元「なんでもエンジニ屋」のダメ日記

次に、ポリシーを設定します。
  1.  [グループ ポリシーの管理]を検索、起動
  2. ポリシーを編集
    今回は作成済みの[Office Policy]を編集
     
  3. [コンピュータの構成]→[ポリシー]→[管理者テンプレート]→[Microsoft Office 2013]→[更新]を開く
  4. 設定[Enable Automatic Upgrade]を無効にする
  5. グループ ポリシー管理エディターを閉じる
後はポリシーを反映するだけです。
  • クライアントPC上でgpupdate コマンドを実行する
  • サインアウト→サインインする
    ドメインに参加していない場合
    個人向けWindows OSのエディション(Home Premiumや無印、Home)はドメインに参加できないため、レジストリを手動で設定します。
    1. クライアントPC上で管理者権限でPowerShellを起動
    2. 下記スクリプトを実行
    Set-ItemProperty -Path HKLM:\SOFTWARE\Policies\Microsoft\office\15.0\common\officeupdate -Name enableautomaticupgrade -Value 0 -Type DWord

    台数が多い場合は、PowerShellから全台にリモート接続し上記スクリプトを並列実行すると楽です。

    レジストリをチェック

    念のため、レジストリをチェックしてみましょう。
    PowerShellで確認しEnableAutomaticUpgradeの値が0であれば正常です。
    Get-ItemProperty HKLM:\SOFTWARE\Policies\Microsoft\office\15.0\common\officeupdate -Name enableautomaticupgrade
    
    スポンサーリンク

    スポンサーリンク