2016/07/24

Windows 10 Tempフォルダーに大量の.tempファイルが存在、空き容量を圧迫する問題

少し前の内容になります。
先日Windows 10 Build 14279へアップグレードしました。
アップグレード後は前の状態に戻す仕組みによりシステム ドライブの空き容量は減りますが、今回は減り方が異常でした。
原因はTempフォルダーに大量の.tempファイルが存在していたため。
今回は、Windows 10 Tempフォルダーに大量の.tempファイルが存在、空き容量を圧迫する問題についてメモ。

130GB前後の空き容量が50GBまで減少

Build 14279へアップデートする前はシステムドライブの空き容量が130GB前後、アップデートし数日経過したところ約50GBまで減少している事に気が付きました。


.tempファイルが23,000ほど・・・

空き容量が減少した理由を調査したところ、ユーザープロファイル内のTempフォルダーに以下ファイルが多数存在していました。
  • ファイル名は8AAFC508999AACCA!から始まる
  • 拡張子は.temp
  • ファイル サイズは0B~2.9GB
  • ファイル数は約23,000
  • 合計サイズは約70GB

対処法

根本的な原因は分かっていませんが、PowerShell からファイルを削除してみました。
削除後、同現象は発生していません。

$p = "C:\Users\<username>\AppData\Local\Temp"
Remove-Item -Path "$p\*.temp" -Force

なお、Cleanmgr.exeから.tempファイルを削除することはできませんでした。
余談:直前の作業
.tempファイルの最終時間から推測するに、下記2つの作業をしました。これが原因かはわかっていません。
  • Windows 10 Buid 14279へアップグレード
  • アップグレード、OneDriveの同期設定をチェック
    • 同期フォダーが一部から全てに変更されていた
スポンサーリンク

スポンサーリンク