2016/08/19

RSAT を使って WSEの FSRM をリモート操作する

RSATを使ってWindows Server Essentialsのファイル サーバー リソース マネージャー(FSRM)をリモートから操作するための手順をメモ。

各Windows向け RSAT(Remote Server Administration Tools) ダウンロードサイト

FSRM を使うと接続エラーになった

RSATインストール後、[ファイル サーバー リソース マネージャー]を起動しWindows Server Essentialsに接続すると接続エラーが表示されました。
DNSやグループ ポリシーの管理などは問題なく接続できる
エラー内容を見る限り、Firewallにブロックされている様子。
このスナップインは応答していません。
コンピューター'ServerName' で RPC サーバーを使用できません。

GUIからFirewallに規則を追加する

エラー内容に書かれている通り、Firewallに新しい規則を設定します。
  1. 新規受信の規則を作成
  2. [事前定義]を選択
  3. [リモート ファイル サーバー リソース マネージャー管理]を選択
  4. 規則を選択
  5. 規則を登録
Windows 10 にインストールした[ファイル サーバー リソース マネージャー]を起動し、サーバーに接続出来れば作業は終わりです。

FSRMに関するFirewall の各規則

追加した8個の規則は何に使うのか、各規則の説明を抜き出しておきます。
リモート ファイル サーバー リソース マネージャー管理 (SMB 受信)
サーバー メッセージ ブロックの名前付きパイプ経由の送受信を許可するためのファイル サーバー リソース マネージャーの受信規則です。[TCP 445]
RPCSS (RPC-EPMAP)
ファイル サーバー リソース マネージャーの RPC/TCP トラフィックを許可するための RPCSS サービスの受信規則です。
FSRM レポート サービス (RPC 受信)
ファイル サーバー記憶域レポート マネージャー サービスを RPC/TCP 経由でリモート管理するための受信規則です。
FSRM サービス (RPC 受信)
ファイル サーバー リソース マネージャー サービスを RPC/TCP 経由でリモート管理するための受信規則です。
タスク スケジューラ (RPC 受信)
タスク スケジューラ サービスを RPC/TCP 経由でリモート管理するための受信規則です。
リモート レジストリ (RPC 受信)
リモート レジストリ サービスを RPC/TCP 経由でリモート管理するための受信規則です。
Windows Management Instrumentation (WMI 受信)
リモート Windows Management Instrumentation の WMI トラフィックを許可するための受信規則です。[TCP]
Windows Management Instrumentation (非同期 - 受信)
リモート Windows Management Instrumentation の非同期 WMI トラフィックを許可するための受信規則です。[TCP]
スポンサーリンク

スポンサーリンク