2012/01/30

CFD販売のWD20EARSが壊れたのでWDのRMA保証を使う-準備編-

低速病で有名なWD20EARSですが、以前からおかしな動作をしていたので試行錯誤していたものの遂にWindows Home Server2011から認識されなくなりました。
現在HDD Regenerator2011を使って復旧作業中ですが、作業が終わり次第WDのRMA保証を使ってHDDの交換をしたいと思います。
初めてRMA保証を使うので、事前に調べたのでその内容をメモしておきます。

2012.12.14 WDのRMAサービスについて書いた記事をまとめました。


何はともあれ、WDのRMAサービスが受けられるかチェック

WDのRMA(返品許可証)サービスが受けられるかチェックします。
保証サービスページを進んでいくとHDDのシリアル番号を入力するページが出てきます。
ここでシリアル番号を入力するとRMAサービスが受けられるか分かります。

CFD販売のWD製HDDはCFDへRMA開始申請すべし!

手持ちのWD20EARSはCFD販売のもの。
検索すればいくらでも出てきますが、CFD販売のWD製HDDはRMA申請開始手続きを行う必要性があります。
私の場合、1月21日に申請し、3日後の1月24日にRMAサービスが受けられるようになりました。
image

後は書類を作って送るのみ

RMAサービスを申請した後はHDDを送るのみです。
書類の準備・発送等は下記ブログ記事を参考にする予定です。


後はHDDを発送して、どんな形で戻ってくるかですね。 できればWD20EARS-00MVWB0に変わって返ってきてくれれば嬉しいんだけどな・・・

WD製HDD 2TB WD製HDD 3TB

Western Digital Caviar Green 3.5inch 5400rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps WD20EARX

Western Digital Caviar Green 3.5inch Intelipower 3.0TB 64MB SATA6.0Gbps WD30EZRX
スポンサーリンク

スポンサーリンク