2014/12/20

Word & Excel 2013 「Officeにサインイン」を消す方法

Word 2013、及びExcel 2013 は、「Officeにサインイン」する事でOneDrive上のデータにアクセスできます。便利ですよね!
小さい会社だと、社員が個人アカウントで勝手にサインインし資料をOneDrive上に保存するシナリオが考えられ、時としてこれが問題になり得ます。
※企業側がOneDrive for Businessなどを用意してあげれば良いのですが・・・
今回は、Word 2013、及びExcel 2013 にある「Officeにサインイン」を消す方法をメモ。

「Office にサインイン」とは?

画面右上の「サインイン」、及びBackStage ビューの[アカウント]にある「Office にサインイン」をクリックし、Microsoft アカウントでサインインするとOneDrive上のファイルにアクセス出来るようになります。



これから説明する方法を行うと、上記画像にある各ボタン(及び文言)が消えます。


レジストリから設定する

※ レジストリを編集する作業は自己責任で行ってください。
  1. [Win]+[R]を押し、「regedit」を入力し実行
  2. HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Commonへ移動
  3. キーを新規作成
    • キー名:SignIn
  4. DWORD値を新規作成
    • 値の名前:SignInOptions 
    • 型:DWORD
    • 値の内容:3
※Technet及び初心者備忘録さんの記事を参考にしました。

PowerShell を使って設定する

※ レジストリを編集する作業は自己責任で行ってください。
キーを作成
New-Item -Path HKCU:\Software\Microsoft\Office\15.0\Common -Name SignIn -ItemType Directory
DWORD値を作成
New-ItemProperty -Path HKCU:\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\SignIn -Name SignInOptions -Value 3 -PropertyType dword

関連記事

Word & Excel 2013 保存先からOneDriveを消す方法
スポンサーリンク

スポンサーリンク