2015/08/01

Windows 10に対応したWindows Server Essentials コネクターがリリースされました~KB2790621

2015年7月29日、ついに Windows 10がリリースされました。MSさん、リリースおめでとうございます!!!
正規ライセンスで認証されたWindows 7および8.xを所有しているPCは1年間 無料アップグレード が可能なので、PCメーカーの対応状況を確認した上でアップグレードを検討してみてはどうでしょうか。

さて、今回はそのWindows 10に関する記事です。

中小企業向けWindows サーバー OS「Windows Server 2012 R2 Essentials」とクライアントOSとを連携するために必要なソフトウェア「Windows Server Essentials コネクター」がWindows 10に正式対応しました。

今回はWindows 10に対応したWindows Server Essentials コネクターのダウンロードおよびインストール方法についてメモ。

遂に正式サポートされました!!!

Windows 10 Technical Previewの検証時期にWindows Server Essentials コネクターがインストールできる試してみましたが、インストールできませんでした。
Windows 10 Technical Preview にWindows Server Essentials コネクタをインストール出来るのか?
あれから半年以上経過し、やっとWindows Server 2012 R2 EssentialsがWindows 10をサポート、連携できるようになりました。
開発・サポートチームの方々、お疲れ様でした!ありがとうございます。

ダウンロード

ダウンロードはMicrosoft Download Centerから行います。
Windows Server Essentials Connector for Windows Server 2012 R2
Windows 10用はアーキテクチャによってプログラム ファイルが異なります、ご注意ください。
  • 64bit用(x64)
    Windows10.0-KB2790621-x64.msu
  • 32bit用(x86)
    Windows10.0-KB2790621-x86.msu

インストール

Windows 10用Windows Server Essentials コネクターのインストールおよび設定は他OSと異なるので、注意点があります。
  1. Windows Server Essentials コネクター を手動でダウンロードする
  2. 同ソフトウェアを手動でインストールする
  3. プログラム一覧から Windows Server Essentials コネクターを選択

  4. インストール画面が表示されたら、通常どおり設定を開始
ソース
Client Connector availability with Windows Home Server, Small Business Server and Windows Server Essentials for Supported Client OS
スポンサーリンク

スポンサーリンク