2009/03/11

Photoshop:: パフォーマンスの最適化

Photoshopを使う頻度が高く、連続して使いつづけるとパフォーマンスが悪くなります。
タスクマネージャからメモリ使用量を見れば、スワップしてるし。。。

というわけで、パフォーマンスの最適化について調べた内容をピックアップします。
詳しくは、adobe「パフォーマンスの最適化」を見てください。

①環境変数の見直し
 ・プラグイン・仮想記憶ディスクを見直す
 ・メモリ・画像キャッシュを見直す
  小さい画像がメインの場合、キャッシュ設定は小さい値に。
  大きめの画像、かつメモリをガツンと搭載している場合は、値を大きく。
  ※仕事のマシンはメモリ1GBのため、キャッシュ設定を4、メモリは225MBにしています。
 ・メモリの使用状況は、常時使うアプリを全て起動してから使えるメモリを考慮して設定。
②メモリのクリア
 「編集」→「メモリのクリア」でヒストリーなどのキャッシュをクリアする。
③[大きいタイル] プラグインの有効
 メモリを2GB以上搭載しているマシンの場合、[大きいタイル] プラグインを有効にしてやるとパフォーマンスが上がる。
 [大きいタイル] プラグインのファイル名の先頭にある~(チルダ)を取っ払う。
 ※デフォルトパス
  C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS3\プラグイン\機能拡張\大きいタイル
④カラー分解はRGB
 通常使うカラー分解はRGBにし、印刷などを行う場合はCMYKへ変更する。

以上の内容を理解してやれば少しながらパフォーマンスが上がります。
スポンサーリンク

スポンサーリンク