2011/12/01

仮想ストレージ「VVAULT」を2.1.0にバージョンアップしてみた

Windows Home Server2011で稼働している仮想ストレージソフトウェア「VVAULT」ですが、本日バージョン2.1.0がリリースされました。

アップデート内容

今回のアップデートで注目しているのは、

  • 仮想ドライブを「固定ディスク」としてマウントできるようになった
  • アロケーションユニットサイズが4096バイトに変更された
  • 仮想ドライブ上でアクセスしたファイルが、取り外しおよびティアリング中だった場合、エラーとせず仮想ドライブ上の操作を優先させる

3機能ですね。

v2.0.0では、Windows Home Server2011で固定ディスクとしてマウントできる機能が提供されていたので、v2.1.0ではその他のOSに対応したと思われます。

image

アップデートする時は起動サービスに注意

アップデートする際、VVAULTに関するサービスに手を加えてなければ問題は発生しません。

私の場合、BackupDatabaseServiceなどバックアップに関する2サービスを停止していた(サービスのスタートアップ種類を「停止」状態)のでアップデート時にエラーが発生しました。

同じ症状が出ている人は、アップデート前にサービスを起動させましょう。

image

image

スポンサーリンク

スポンサーリンク