2012/01/11

「簡易パケットアナライザ」はLAN通信をちょっと調べたいときに便利!

元ネットワーク屋な私ですが、たまに有線LANや無線LANの通信を調べたい時があります。

以前はEthereal(現在はWireShark)を使っていました。

これは本格的に解析するのには非常に強力なツールですが、WinPCapも一緒にインストールしないといけない事や使い方がマニアックなのでちょっと不便・・・

そんなときにストレートなネーミングの「簡易パケットアナライザ」が非常に便利です。

パケットアナライザってなに?

この記事を見るくらいの方々なので今更かもしれませんが、パケットアナライザとはTCP/IPを使った通信内容をキャプチャ・解析するソフトウェアです。

別名があり、Sniffer(スニッファ)とも呼ばれており、私はこっちの名前をよく使っています。

簡易パケットアナライザの特徴

簡易パケットアナライザの特徴をざっと紹介します。

  • Windows2000以上が対象、Windows7 64bitで使うことができる(私の環境ですが・・・)
  • シンプルな作りのコンソールアプリケーション
  • インストールが不要である
  • レジストリを使わない
  • 有線LAN以外に無線LANも使える(HPでは有線LANのみと記載されていますけどね・・・)

ソフトウェアは、開発者いなばさんのサイト「7ujm.net」からダウンロードしてください。

7ujm.net フリーソフト

C・C++、Java、Perl、SQLについて記事を書かれているので、興味がある方は見てはいかがでしょうか。

簡易パケットアナライザの使い方

本記事のタイトルどおり、使い方は非常にシンプル&簡単です。

  1. ダウンロードしたファイルを任意の場所に保存する
  2. 簡易パケットアナライザ.exeを起動
  3. IPアドレスが割り当てられたNICを選択する
    例ではNIC No 0番のみ表示されているので、0を入力してエンターを押します。
    image
  4. パケットアナライズを開始します。
    image
  5. 一時停止・再開はマウス操作で!
    一時停止→左クリック
    再開→右クリック

フィルタ機能や細かい設定をしたい人はWireSharkを!

今回紹介したパケットアナライザは名前のとおり「簡易」がテーマになっています。

通信をフィルタリングしたりする機能は一切ありません。

フィルタ機能や細かい設定をしてアナライズしたい方はWireSharkを使いましょう。

Ethereal時代と異なり、今はポータブル版もリリースされているのでUSBメモリに入れて持ち運べますよ。

 
スポンサーリンク

スポンサーリンク