2015/09/30

USBメモリの全領域が使えない-ボリュームの削除ができない

ファイナルデータ8をUSBからブートするため、Unetbootinを使ってみました。
USBメモリからファイナルデータ8がブートできたのはよかったんですが、WindowsマシンでUSBメモリの容量を見ると1.92GBと表示されていました。
ディスクの管理画面からボリュームを削除しようとしたところできなかったため、パナソニックのSDフォーマッタを使って解決しました。

2015.09.30 修正
SDフォーマッタのURLを3.1から4へ変更しました。

USBメモリの全領域が使えない状態

下記画像はディスクの管理画面のスクリーンショットですが、見ていただいたとおり1.92GBのパーティションが作られています。
パーティションを選択→右クリックしても「ボリュームの削除」はグレーアウトになっており、クリックできませんでした。
image

こういう時はパナソニックのSDフォーマッタ!

本来はSDカード用なんですが、USBメモリのフォーマットにも使えるパナソニック SDフォーマッタは非常に便利なツールです。
ソフトウェアダウンロード一覧 | SDメモリーカード | お客様サポート | Panasonic

USBメモリの全領域を使えるようにする方法

  1. SDフォーマッタをインストール
  2. USBメモリのドライブ文字を選択
    image
  3. オプション設定をクリックし、論理サイズ調整をONにする
    image
  4. フォーマットを実行
  5. ディスクの管理画面から確認
    image

この手の問題解決にはパナソニックのSDフォーマッタを使う!と思っているのでが、このやり方を知らないと壊れたのか?と思ってしまうかもしれませんね。
同じような現象に悩んでいる方は是非パナソニックのSDフォーマッタを使ってみてください。
Diskpartからも同じことができます
ツールをダウンロードできない場所ではどうするか?
Windows 標準コマンド「Diskpart」を使えば同じことができます。
利用方法は、下記URLのDiskpartを使う当たりになります。
Windows 10 Build 10041をUSBメモリーからインストールしたい~Diskpart コマンド | 元「なんでもエンジニ屋」のダメ日記
スポンサーリンク

スポンサーリンク