2012/03/20

WHS2011上でJustインターネットセキュリティが動作

image
Windows Home Server2011で動作する無料アンチウィルスソフトがないか調べていたところ、JustSystem社のJUSTインターネットセキュリティがインストールできました。
アンチウィルスソフトは無料じゃなきゃいやだ!というユーザさん向けの内容。
使用した感想は、無料で一定の機能はあるけどまだ未知数・・・といったところ

コンシューマ用がインストールできない理由

WHS2011はコンシューマ用アンチウィルスソフトがインストールできません。
例えば、SymantecのノートンやTrendMicroのウィルスバスターなど。
Windowsアプリケーションの開発をされた方ならよく分かると思いますが、ほとんどの有料アプリケーションはインストール時にOSバージョンをチェックしています。
WHS2011はWindows2008R2ベースですので、OSバージョンをチェックするとサーバOSと判定され、インストールできないという仕組みです。

広告を出すことで「無料」になっています

image
このソフトはサーバOSであるWHS2011にもインストールできます。
無料なのは歓迎しますが、Kingsoftばりに広告がでますね。
スキャン中や定義ファイルのアップデート完了画面なども。
無料なのでそこはしょうがないですね。

インターフェースは結構スッキリ&わかりやすい

主要画面のスクリーンショットを見てもらえばわかりますが、UIは初心者にもわかりやすいと思います。
image image
image image

一般的な機能を無料で使える感じです

image
無料の場合、リアルタイムスキャンが使えなかったりしますが、JUSTインターネットセキュリティは有料アンチウィルスソフトと同程度の機能を持っている感じがします。
スキャン能力や速度は分かりませんが・・・

ソフトウェアの品質はどうか?

ソフトウェアの品質を個人的にまとめておきます。
一般的なウィルスは判別する
image テスト用に持っているちょっと危な目のトロイを放ってみましたが、ちゃんとウィルスとして判別・駆除してくれますね。
一応安心!
スキャン時間が普通?
image
OSはHDDにインストールしている環境で、ファイル数22217に対しスキャン時間は11分57秒。
速いか遅いかは正直、分かりません。
スキャン中の負荷は高め
image 今までNOD32やComodo AntiVirusを使ったことがありますが、左記アンチウィルスソフトよりもスキャン中の負荷はCPU使用率が50%前後で推移しており、個人的には負荷が高めではないかと思います。
誤検出がある
image
インストール後に再起動を行い、ログインした直後に早くも誤検出が発生。
IIS7.0 ExtensionのWeb Deployコマンドライン.lnkをトロイと判定してくれました。

中身は中華製「KV AntiVirus」

image
JustSystemはカスペルスキーの販売をしているので、自社でアンチウィルスソフトを作るとは思えなかったので調べてみたら中国産KV AntiVirusを使用しているようですね。
あまり安心感が感じられません・・・

怖いのでClamAVも同時稼働させます

image
JUSTインターネットセキュリティはどの程度使えるのか全くわかりませんので、当面はClamAVと同時稼働させる予定です。
ClamAVは同時稼働OKなアンチウィルスソフトです。
無料なので気になる人は一度インストールしてみてはどうでしょうかね?
ダウンロードは↓からどうぞ。




スポンサーリンク

スポンサーリンク