2012/05/30

MSオフィス Access2010の使い方~個人的まとめ

image
最近、各種データはSQLServerに格納し、入出力インターフェースはMS ExcelとAccessを使っています。
入力作業のインターフェースとして慣れ親しんでいるユーザが多いので。
さて、そんなMS Accessはほぼ初めて使うわけで、開発時に調べて使ってみた内容を個人用としてメモ。

まとめ内容

  1. SQL ServerのテーブルをAccessにリンクする
  2. テキストボックスを使ってレコード検索する
  3. 各テキストボックスの幅を個々に調整する
  4. レポートを印刷する時に複数段レイアウトにする

1.SQL ServerのテーブルをAccessにリンクする

AccessはSQLServerのテーブルをリンクして、あたかも自身のテーブルとして操作できます。
  1. 「外部データ」タブをクリック
  2. 「ODBC」アイコンをクリック
  3. 「リンクテーブルを作成してソースにリンクする」を選択
    image
  4. 「SQL Server」に接続するためのデータソースを作成
    image

2.テキストボックスを使ってレコード検索する

レコード検索を簡単に導入するなら「DoCmd.SearchForRecord」がいいかな。
MS "SearchForRecord/オブジェクトからレコードの検索" マクロ アクション
  1. レコード検索の元となる「テーブル」を作成
  2. フォームを作成、テキストボックスとボタンを配置
  3. ボタンをクリックしたときのイベントプロシージャを書く
    private sub searchBtn_click()
     DoCmd.SearchForRecord , , acFirst, “hoge like ‘*” & テキストボックスの文字列 & “*’”
    end sub

3.各テキストボックスの幅を個々に調整する

image
フォームに配置した「既存のフィールド(テーブルのカラム)」の幅を個々に調整したい場合は、
  1. 対象フィールと選択
  2. 右クリック→レイアウト→レイアウトの削除
    image
するとできるようになります。

4.レポートを印刷する時に複数段レイアウトにする

image
レポートを印刷するときに↑の画像のように複数段レイアウトにすることができます。
  1. レポートの印刷プレビューを選択
  2. 「ページ設定」アイコンをクリック
  3. 「レイアウト」タブをクリックし、赤でくくった場所を調整
    幅の調整は2段ならデフォルト値の約半分にし、微調整してください。
    image

MS Accessを使ってみてわかったのが
  • SQL Serverとの親和性がある
  • データの入出力インターフェースとして優秀
  • 帳票作成が慣れれば簡単に作成できる
ので、いいツールだと思いました。
エクセルに比べて癖がある感じがしますが、ちょっとしたツールなら10分くらいで作れるので便利です。
あと、
  • データベースのデータの一部をインポートし、
  • Accessでデータ加工をテスト
  • テスト結果が良好であれば、本番環境で実践
なんて使い方もできるのでいいかも。
さて、時間ができたらSharePointと連携させるかな・・・

余談:Office 2010って1ライセンス2台までなのか・・・

今まで1ライセンスPC1台だと思っていましたが、Office.comで製品版オフィススィートの比較ページをみていたら「1ライセンスPC2台まで」と明記されていました。
今は複数台対応なんですね。初めて知りました・・・
image
ちなみに、アップグレード版ってやっぱり安いね・・・
スポンサーリンク

スポンサーリンク