2012/08/28

WHS2011 MMCを使ってリモートのイベントログを見てみる

先日「WHS2011で共有フォルダのアクセスログを取る」記事を書きましたが、今回はクライアントからリモートのイベントログを確認できる方法をご紹介。
Windows Serverを使ったことがある方にはなじみのあるmmcを使います。
デフォルト状態ではmmcを使ってリモート先のイベントログを見ることはできません。
事前に設定が必要ですので、ご注意ください。

設定前にmmcを使って接続するとエラーになります

WHS2011側の設定をせずにmmcからリモートのイベントビューアを見ようとすると下記のようなエラーがでます。
-------------------------------------------------------
イベントビューアーでコンピューター xxxxxxxに接続できません。
報告されたエラー:RPCサーバーを利用できません

-------------------------------------------------------
いろいろ調べた結果、原因はサービスではなくファイアウォールの設定でした。

MMCが使えるようファイアウォールの設定を変更する

原因は分かったなら設定をするだけ。
下記画像を見てもらえばわかりますが、ファイアウォールの受信の規則にある「リモート管理(RPC)」を有効にするだけです。

MMCを使ってリモートのログを見る方法

ここまでくればMMCを使って接続できます。
念のため、MMCでリモートのログを見る方法を記載しておきます。
  1. [プログラムとファイルの検索]欄に「mmc」と入力、実行
  2. [ファイル(F)]→[スナップインの追加と削除(M)]をクリック
  3. [別のコンピューター(A)]を選択、[参照]ボタンをクリックしてサーバーを指定
  4. [利用できるスナップイン]欄の「イベントビューアー」を追加、[OK]ボタンをクリック
これだけです。
常用するなら、名前を付けて保存(mscファイル)して方がいいでしょう。

万が一ためにMMCが使える状況はあり!(と思ってます)

WHS2011は基本ログオフ状態で使いますよね。
※クライアントOSとして使ってませんよね~?!
たいていの方はキーボードもディスプレイも接続していないと思います。
万が一「リモートデスクトップ接続ができない!」なんてことがあるかもしれません。
「リモートデスクトップ接続が無理」だけど「MMCでリモートのログが見れた!」なんてことがあるかもしれません。
絶対ではないでしょうが、個人的には常時MMCが使える状況はあり!だと思っています。
必要性を感じる方は是非使ってみてください。
スポンサーリンク

スポンサーリンク