2012/10/23

WHS2011にASUS C60M1-Iを組み込んでみた!絶賛、大満足中

image

先日Windows Server 2012 Essentials RTM用としてASUS C60M1-Iを購入しました。

CPU(正確にはAPU)をOC(オーバクロック)することでWS2012Eをインストールできましたが、WHS2011ではどうか?

気になったので現サーバに組み込んでみました。

結果は、組み込んで「大正解」!

ASUS C60M1-Iをサーバ機に選定した理由

  1. メインがファイルサーバなので低スペックで十分
  2. 24時間運用だと電気代がかかるので、省電力CPUが不可欠
  3. SATAが6ポートあるので、HDDが多数接続できる
  4. 実売価格が7~8000円と安い

本内容を説明する前に・・・

時間の都合上、テスト用WHS2011のCPU、マザーボードをC60M1-Iに挿げ替えて今回のテストを行いました

WHS2011がインストールされているHDDを再利用しているため、インストール作業は行なっていません

インストールが出きるかどうかは確認していません。

予めご了承くださいm(_ _)m

ドライバのインストールに注意しましょう

実際に稼働させるためには各種ドライバが必要ですよね。

ASUSのサイトからZIPファイルをダウンロードし、何も考えずにインストールしようとするとエラーがでます

理由はAsusSetup.exeという実行ファイルがOSのバージョンチェックをしっかり行なっているためです。

この場合は、AsusSetup.exeではなくSetup.exeを実行してください

なお、ダウンロードするドライバはWindows7 64bitです。

image

余談ですが、実はASUS製品は生まれてから一度も使ったことがありません!

よく使うシチュエーションだと、どの程度の負荷になるか?

image

すごく簡単ですが、3つほどテストしてみました。

テスト環境のネットワークは有線LANが全て1Gbps、無線LANのリンク速度は300Mbps。

クライアントはThinkPad T420、OSはWindows7 64bit。

image

テスト① 動画ストリーミング

テストで使った映像は下記のとおり。

  • 462MB、25分
  • 1280x720
  • Video - VC-1(WMV3) (2430Kbps)
  • Audio – MP3(193Kbps)

サーバ側(WHS2011)の負荷は約5%前後で、スムーズに再生しています。

image

テスト② ファイルコピー

テスト①と同じ環境で約2GBのファイルをダウンロードしてみました。

LightsOutなど複数のプロセスが稼働した状態ですが、負荷は20%前後

image

image

テスト③ VVAULT+ストリーミング+ファイルコピー

VVAULT上のファイルに複数アクセスした状況を試してみました。

  1. テレビでMPGファイルを再生
  2. クライアントPCから2GBのファイルをダウンロード

この状況でも負荷は15~25%程度です。

image

Comodo Program Managerにご注意

WHS2011上にテスト用として様々なアプリをインストールするので、Comodo Program Managerをインストールした状態で、テスト①を行ったところ、CPMservice.exeのCPU使用率が40~50%となる現象を確認しました。

私の環境では再現性がありますが、他のユーザさんはどうなんだろうか・・・

同じ状況になる場合はアンインストールをオススメします。

2012-10-22_1919482012-10-22_192046

WHS2011本来の使い方ならC60M1-Iは十分に使える!

image

実際にASUS C60M1-Iを使ってみた感想は、WHS2011本来の使い方なら十分に使えると思います。

私の使い方なら、ファイルサーバとしても、ストリーミングサーバとしても十分なスペックですね。

WHS2011もC60M1-Iも使ってみたいけど・・・?と躊躇しているユーザさん、是非買って、使ってみてください。

これはオススメできる組み合わせです。

それにしても、ASUSはいいところに目の付けたな~!

余談:USB3.0がないのが痛い!もっとSATAポートが欲しい!

C60M1-IのSATAポートはITXのくせして6個も搭載してますが、人によってはこれじゃ足りないわけで・・・

また、C60M1-IはUSB3.0ポートを搭載してませんorz

色々調べてみたところ、USB3.0とSATA3のコンボカード「ASUS U3S6」がこれら問題をうま~く解決してくれます。

とはいえ、現在ASUS U3S6は販売されていない現状・・・

私は中古品をオークションで手に入れて現在組み込んでいます。

再販してくれればいいんですけどね~

なお、U3S6の代用品は玄人志向の「SATA3+USB3.0-PCIE」だけのようです。※評価はよくないみたいですけども・・・

image


ASUSTeK C60M1-I

ASUSTeK C60M1-I
価格:7,480円(税込、送料別)

スポンサーリンク

スポンサーリンク