2013/01/05

WHS2011でも使える管理ツールを呼び出すmscファイル一覧

image

みなさんも一度は実行したことがあるだろう「xxxx.msc」ファイルについて調べてみました。

WHS2011でも使えますので、[イベントビューア]や[ディスクの管理]を呼び出す時にmscファイルを実行してみてください。


2013.01.05 ShiroYuki_Motさんからの指摘をタイトルと文面に反映。mscはコマンドではなくファイルです。確かに、mscは設定情報を格納したファイルですので、mscコマンドはおかしいですな。

管理ツールを呼び出すファイル

私がよく使う管理ツールを呼び出すmscファイルをまとめました。

※色付きは、WHS2011で実行できました。その他サーバOSでも使えるかも?

ツール名 ファイル名
コンピュータの管理 compmgmt.msc
Windows Server バックアップ wbadmin.msc
記憶域エクスプローラ storexpl.msc
共有と記憶域の管理 storagemgmt.msc
パフォーマンス・モニター perfmon.msc
ローカル・グループポリシー・エディタ gpedit.msc
ローカルユーザーとグループ lusrmgr.msc
共有フォルダ fsmgmt.msc
イベントビューア eventvwr.msc
サービス services.msc
ディスクの管理 diskmgmt.msc
デバイスマネージャ devmgmt.msc
ローカルセキュリティポリシー secpol.msc
mscファイルの実行

Win+Rを押し[ファイル名を指定して実行]を呼び出します。

テキストボックスにmscファイルを入力、実行すると該当の管理ツールが表示されます。

image

なお、mmc.exe xxxx.mscでも同じように起動しますね。

image

mscファイルの中身

notepadでmscファイルを見たところ、XML形式なんですね。

office2007からXMLを導入したとおり、今や何でもXML形式なのかな?

image

mscファイルの保存先

上記リスト以外にも多くのmscファイルがあります。

詳しく知りたい方はインターネットなどで調べてみましょう。

なお、Windows8 Pro 64bit版上のmscファイルの保存先は下記パスになります。

C:\Windows\System32\ja-JP

image

余談:拡張子mscとは?

拡張子.mscはManagement Saved Consol)の頭文字からとったものです。

@ITさんの記事をみてところ

  1. mmcはmmc.exe本体とスナップイン(DLLファイル)で構成されている
  2. スナップインを実行する設定情報はmscファイルに保存されている

とのこと。

Windows管理ツールの共通フレームワーク「MMC」-1.MMCの基礎 @IT

以前、手動でリモート先の管理ツールを呼び出す事があり、

[mmc.exeを実行]→[スナップインの追加と削除から管理ツールを呼び出し]→[管理ツール表示]

の流れで操作した事があります。

imageimage

これら操作を1アクションでローカル上の管理ツールを呼び出すファイルがmscファイルなんですね。

実際にmscファイルを実行すると、mmc.exeと同じアイコンになります。

image

なお、カスタムmscファイルを作成することができますので、よく使う機能を保存しておくと便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク