2013/03/14

WSE 2012 インストール可能な最少ディスク容量を実際に確認してみた

en-US_Windows_Server_2012_Essentials_G3S-00141

昨年リリースされたエンタープライズ向けOS「Windows Server 2012 Essentials」を先日から触り始め、来る日も来る日もインストール作業を行っています。

インストールが本来の目的ではありませんが、気分転換のため目的から脱線してインストール可能な最少ディスク容量を確認してみました。

ざっくりとした内容ですが、だいたいの目安になると思います。


2013.03.14 “80GBのHDD”を修正しました。

WS2012E 最少システム要件

Microsoft TechNetのライブラリ「System Requirements for Windows Server 2012 Essentials」には下記のように明記されています。

image

HDDは160GB以上、かつ、60GBのシステムパーティションが必要、と明記されています。

なお、CPUは若干低い周波数でもインストール可能です。詳しくは「1GHzのASUS C60M1-IにWindows Server 2012 RC Essentialsを強引にインストールしてみた」を読んでみてください。

1.物理環境で確認

手持ちの実機サーバにHDDおよびSSDを接続してインストール作業を行ってみました。

なお、実機サーバのCPUは2.4GHz Dual-Core、メモリは8GBと最小システム要件をクリアしています。

HDD 250GB (ST3250318AS)

インストール可能!

※HDD単体にOSをインストールしています

HDD 80GB (HDS728080PLA380)

2013.03.14 修正しました。

インストール可能!

予想を裏切り80GBのHDDでもインストールが完了しています。

スクリーンショット取り忘れましたので、クライアントマシンにHDDを接続→[ディスクの管理]の内容をのせておきます。
image

上記80GBにOSをインストールできたのは、HDDを複数本搭載し総容量が90GBを超えていたためハードウェアチェックをクリアできました

WHS-MVPのださっちさんからご指摘いただきました。

ありがとうございますm(_ _)m

SSD 128GB (Crucial m4)

インストール可能!

80GBのHDDがインストールできるわけですから当然かもしれません。

なお、インストール時間は27分とHDDに比べてかなり短時間で終わりました。

※HDD単体にOSをインストールしています

WS2012E_Crucial

2.仮想環境で確認

WIndows8 ProのHyper-V上にWindows Server 2012 Essentialsをインストールしてみました。

仮想環境ではHDD単体にOSをインストールしています。

HDD 32GB~90GBの場合

インストール不可!

HDDの容量を32GB→64GB→70GB→75GB→80GB→90GBと徐々に上げていき、インストールを行いましたが、全てOSのハードウェアチェックで弾かれました。

前述の物理HDD 80GBはハードウェアチェックをパスしていますので、物理環境と仮想環境ではハードウェアチェックの内容が異なるのかもしれません

2013-03-14_074608_32GB

HDD 91GBの場合

インストール可能!

仮想環境の最少容量は91GBにすることでハードウェアチェックをパスできました。

2013-03-14_195039_91GB


ここ数日間でWindows Server 2012 Essentialsをインストールする回数が十数回になりました。

とあるMVPの方に「1日100回」と言われていますので、まだまだ経験値も知識も足りません。インストールを如何に短時間に、かつ、確実に行えるか、これからも修行したいと思います。

余談ですが、インストール作業中に寝落ちしました。そこまで追い込むつもりじゃなかったんですけどね・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク