2014/06/12

Windows Server 2012 R2 Hyper-VにWHS2011をインストールする際の注意点

自分用メモになります。
Windows Server 2012 R2 のHyper-Vを利用し、Windows Home Server 2011の仮想マシンを新規作成する場合は、仮想マシンの世代を「第1世代にするとインストールが成功します。
「第2世代」にすると、インストールの途中から全くインストールが進みませんでした。

これだけだと内容が薄いので、仮想マシンの世代に関する情報をメモしておきます。

仮想マシンの世代とは?

Windows 8 / Windows Server 2012のHyper-Vから、仮想マシンの世代(Generation of Virtual Machine)をサポートし、世代によって利用できる仮想ハードウェアが異なります。
仮想マシンの第1世代と第2世代の違いは
Generation 2 Virtual Machine Overview - Technet Library
で説明されています。要約すると下記の機能をサポート、削除されています。
  1. 第2世代でサポートされる機能
    • セキュアブート
    • SCSIブート
    • SCSI DVDブート
    • ネットワークPXEブート
    • UEFIファームウェア
  2. 第1世代のレガシー デバイスは使用不可
    • IDE コントローラ
    • IDE HDD
    • その他

第2世代をサポートするOS

  • Windows Server 2012 R2 
  • Windows Server 2012
  • 64-bit versions of Windows 8.1
  • 64-bit versions of Windows 8
  • For information about Linux distributions that support Generation 2 virtual machines, see Linux Virtual Machines on Hyper-V.

Hyper-V 世代に関する情報

先日書いたスクリプト
PowerShell Hyper-Vの仮想マシンを新規作成・削除する 自作 関数~Create-VM 関数,Delete-VM関数
を利用すると仮想マシンの作成が簡単に行えます。
あとは、WHS2011等OSを自動インストールする応答ファイルを作成すれば、手間暇かけずに仮想マシンが出来上がります。
スポンサーリンク

スポンサーリンク