2014/07/07

Office 365のMicrosoft オンライン アカウントを割り当てる手順~Windows Server 2012 R2 Essentials

image
Windows Server 2012 R2 Essentialsでは、いくつかのMicrosoft オンライン サービスとの統合が可能です。
今回は、Windows Server 2012 R2 Essentials の既存ユーザにOffice 365のMicrosoft オンライン アカウントを割り当てる手順をメモ。
割り当てる事で何が出来るのか、どう便利になるのか?も説明します。


Office 365のMicrosoft オンライン アカウントを割り当てる手順

  1. ダッシュボードを起動
  2. [ユーザー]タブを開き、該当となるユーザ[xxx]を選択
  3. ダッシュボード右側の[xxxx タスク]にある[Microsoft オンライン アカウントを割り当てる]をクリック
  4. 割り当て方法は2種類。
    • 新しいMicrosoft オンライン アカウントを作成し割り当てる
      image
    • 既に作成済みのMicrosoft オンライン アカウントを割り当てる
      image
  5. 割り当て中…
    image
  6. 割り当て完了
    メッセージのとおり、該当のユーザは、Windows パスワードを変更する必要があります
    変更する事でOffice 365のサインイン パスワード=Windows パスワードになります。この後の作業は非常に大切な操作になります。落ち着いて行いましょう。
    image
  7. 該当ユーザのクライアントPCにおいてサインアウト→サインイン(または、ログオフ→ログオン)を行い、パスワード変更を行います
    • Windows 8.1の場合
      image
      image
      image
    • Windows 7の場合
      20140417_192531_Androida
  8. パスワード変更後、ダッシュボードの[ユーザ]タブを確認
    Microsoft オンライン アカウントの割り当てが完了している事が確認できます。
    image

統合すると何が起き、何が便利になるのか?

クライアントPCに該当ユーザでログイン(またはサインイン)するとスタートパッドのリスト下段に[Microsoft Office 365(M)]が表示され、クリックすると3項目表示されます。
imageimage
  1. Outlook Web App(O)
    ログイン後、Office 365のOutlook Web Appが表示されます。
    https://outlook.com/owa/office365.com
    image
  2. Office 365 ホーム(H)
    ログイン後、Office 365の管理画面が表示されます。
    https://portal.microsoftonline.com/
    image
  3. クイック スタート(S)
    英語ですが、ヘルプサイトが表示されます。
    http://technet.microsoft.com/library/jj593244.aspx
一般ユーザ視点で見れば
  1. よく使う機能がスタートパッドに集約
    共有フォルダやメールがスタートパッドからアクセスできます
  2. 複数のパスワードを覚える必要がない
    Office 365のサインイン パスワード=OSのログイン(サインイン) パスワードと同じになるため、複数のパスワードを覚えられない一般ユーザに優しい
など。
特に2番目は非常に優れた機能だと思っています。
スポンサーリンク

スポンサーリンク