2014/10/07

アラート「クライアント コンピューターのバックアップにエラーが存在します」が表示された場合の対処法

Windows Server 2012 R2 Essentials のダッシュボードに警告レベルのアラート「クライアント コンピューターのバックアップにエラーが存在します」が表示されました。
今回はこのアラートが表示された場合の対処法をメモ。

背景

Windows Server 2012 R2 Essentials のドメインに参加しているWindows 8.1 Pro UpdateをWindows 10 Technical Previewにインプレース アップグレードしてみました。
ユーザー プロファイルを残す設定でアップグレードを行い、完了後は順調そのもの。Windows Server 2012 R2 Essentialsのドメインにも問題なく参加出来ていました。
しかし、Windows Server 2012 R2 Essentials に登録されているデバイスを削除し忘れていたので、後ほど削除したところ今回のアラートが出力された次第です。

アラート内容

  • アラート レベル
    重要
  • アラート タイトル
    クライアント コンピューターのバックアップにエラーが存在します
  • 詳細
    クライアント コンピューターのバックアップには、解決する必要があるエラーが含まれています。
    バックアップを修復する前に、サーバー 記憶域エラーをすべて解決する必要があります。
    問題を解決するまでは、クライアント コンピューターをバックアップする事は出来ません
2014-10-07_224055
2014-10-07_224055

対処法

  1. [デバイス]タブを開く
  2. 画面右の[コンピューター タスク]→[クラインと コンピューターのバックアップ タスク]をクリック
    2014-10-07_224215
  3. [ツール]タブをクリック
  4. [今すぐ修復]をクリック
    2014-10-07_224245
  5. ウィザードに従って操作
    2014-10-07_224326
  6. 検査中・・・
    2014-10-07_224421
  7. 修復完了
    2014-10-07_224546
バックアップの修復が正常に完了すると[今すぐ修復]ボタンの下に結果が表示されます。
2014-10-07_230408
修復する際、サーバー フォルダ[クライアント コンピューター バックアップ]の一部データが削除される可能性がありますが、今回の場合はバックアップ データは削除されました
ウィザードにチェックボックスが用意されている通り、削除される可能性を認識した上で作業に当たってください
image
余談:アラートは詳細と一緒に解決方法が説明されます
Windows Server 2012 R2 Essentials の良いところは、「アラートに対する解決方法」がアラート画面で説明される点です。
非システム管理者の方でも解決できる可能性が高くなります。
アラートが起きた場合は、まずはこの解決方法を熟読し操作してみてください。
2014-10-07_224055
スポンサーリンク

スポンサーリンク