2015/01/01

全てのOffice 2013 アプリケーションでOffice スタート画面を無効にする方法

以前「Word & Excel 2013 起動後のOffice スタート画面を表示させない方法」を投稿しましたが、今回は全てのOffice 2013 アプリケーションでOffice スタート画面を無効にする方法をメモ。
ポリシーとして「全部に適用したい!」場合に役立ちます。

Office スタート画面とは?

(標準状態の)Word 2013、Excel 2013 を起動すると最初に「Office スタート画面」が表示されます。
各種テンプレートが用意されており、個人的には便利だと思っています。

今回ご紹介する内容は、Word 2013、Excel 2013 を起動すると最初から「空白の文書」及び「空白のブック」が表示されるようになります。
以前のバージョンを使い続けている方としては、これが一番安心するようです。

レジストリから設定する

※ レジストリを編集する作業は自己責任で行ってください。
  1. [Win]+[R]を押し、「regedit」を入力し実行
  2. HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Generalへ移動
  3. 下記内容を新規作成
    • 値の名前:DisableBootToOfficeStart
    • 型:DWORD
    • 値の内容:1

PowerShell を使って設定する

※ レジストリを編集する作業は自己責任で行ってください。
New-ItemProperty -Path HKCU:\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\General -Name DisableBootToOfficeStart -Value 1 -PropertyType dword

個別にOffice スタート画面を有効にしたい場合

ExcelのみOffice スタート画面を有効にし、それ以外のOffice アプリケーションは無効にしたい!このような場合は、
  • 今回のレジストリを登録する。そして、
  • ExcelのOffice スタート画面を有効にするレジストリを登録する
事で可能となります。
この内容は、Technet ライブラリの記事「Office 2013 のグループ ポリシー管理用テンプレート ファイル (ADMX、ADML) および Office カスタマイズ ツール (OCT) ファイル」え説明されており、
個別のOffice スタート画面を無効にする>すべてのOffice スタート画面を無効にする
の式になるそうです。
スポンサーリンク

スポンサーリンク