2008/09/16

Windows設定:: hal.dllの破損

開発環境を整えるため、WinXPのクリーンインストールを実施しました。
が、検索するとよく出てくる「hal.dllが破損、またはありません」のメッセージが出てきました。

環境ですが、OS自体おかしくなりかけている端末にデュアル・ブートをする形でXPをインストール。
インストール後、hal.dll(ハードウェア・アブストラクション・レイヤー)のメッセージがでました。
ググってみると、MSに対処法がのってました。
http://support.microsoft.com/kb/882178/ja

しかし、対処できなかったのでもう少し突っ込んで調べてみたところ、nLiteで作成したカスタムディスクがDVDドライブに入っていないとこのメッセージがでるようです。
hal.dllはntoskrnl.exeがロードされるあたりでロードされるため、おかしくなりかけたOSのboot.iniが非常にあやすぃですな。

ま、この環境は一時的なものでSC440が到着すればおかしくなってるOSも消し去ることができるので問題なのですが今後こういうことができる可能性は0ではないので一応カキコしておきます。

※hal.dllの詳しい情報は↓をみてね。
http://writer.zoho.com/public/maxwelliandemon/Windows-Device-Drivers
スポンサーリンク

スポンサーリンク