2012/01/18

Lenovo ThinkVantage Toolboxのシステム履歴は便利!

昨年11月に購入したLenovo ThinkPad T420ですが、ThinkPadにはユーザをサポートする強力なツール「Lenovo ThinkVantage Toolbox」があります。

このツールはパソコンのハードウェア・ソフトウェアの統合管理ツールだと思っていただければいいと思います。

先ほどThinkVantage Toolboxを見ていたところ、ハードウェア・ソフトウェアの変更履歴が見れる「システム履歴」機能を見つけたのでメモ。

いつどのようなことをしたかの履歴がカレンダー形式でが分かるので便利な機能です。

システム履歴で何がわかるか?

システム履歴では、ハードウェアとソフトウェアの変更・チェックされた5項目がカレンダー上にマークされます。

  • ハードウェアスキャンチェック
  • デバイステスト
  • システム変更
    1. スタートアッププログラムの変更
    2. サービスの変更
    3. ソフトウェアの変更
    4. ハードウェアの変更
  • 重要なイベント
    調べた限り、イベントビューアのアプリケーションログ内にある「Windows Error Reporting」や「Application Error」などを抽出しているようです。
  • 復元ポイント
    ソフトウェアのインストールした時点での復元ポイントが表示されます。

image

変更項目にある関連リンクボタンは便利!

履歴を見ていると、付近に関連するリンクボタンが配置されています。

何かがあったときに、すぐに関連する情報が見れる配慮は非常に便利。

よく作られているますね、ThinkVantage Toolboxは。

image

システム履歴の場所

  1. ThinkPadの青いボタン「ThinkVantage」を押す
  2. 画面中央下にある「システム履歴」をクリック
    image


今までシステム障害の対応をしているので、どこに何のログがあるのか理解しています。

ですが、ひとつの窓口から各種ログや設定場所に移動できるツールがあると非常に効率よく対応できます。

そういう意味でThinkVantage Toolboxはシステム管理者にとって強力なツールになるでしょう。

パソコンはユーザにとって便利でなくてはなりません。

何かがあったときに便利にしてくれるのは、ThinkVantage Toolboxのようなソフトウェアのことではないでしょうか。

 

エントリーモデル:Edgeシリーズ プロユース:ThinkPadシリーズ  
 
スポンサーリンク

スポンサーリンク