2012/10/17

Windows7 ブルースクリーン連発の症例~wimFsf.sysとか0x50とか0x8eとか・・・

IMAG0479
以前購入したLenovo ThinkPad L520ですが、起動直後にブルースクリーン!
ログインしたらブルースクリーン!!
なにかを起動するとブルースクリーン!!!
そんな今回の症例と原因と対処法をご紹介。

今回確認できたブルースクリーンのSTOPエラーメッセージ

  • 0x8e
  • 0x50 [wimfsf.sys]
  • 0x24 [PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA]
  • 0xA [IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL]
  • 0x1A [MEMORY_MANAGEMENT]

それ以外はこんなのもあったよ!

  • ログイン画面が点滅
    ThinkPad L520 BSOD–Login Flash
  • 画面に緑の横線(数本)
    2012-10-16 17.58.52

STOPエラーメッセージが発生する原因

今まで嫌ってほど見てきたPAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA。
ご存知の方が多いと思いますが、これが起きる原因は
  1. 物理メモリの故障
  2. ウィルス感染
  3. 起動時のファイル破損
  4. HDD故障
  5. ページングファイル破損
などがあります。

対処法は「新しいメモリに交換」

今回確認した症例は、十中八九「物理メモリの故障」だと思いました。
理由は経験的なものと複合されたSTOPエラーメッセージから推測できます。
マイクロソフト サポートページでもRAM障害とのこと。
コンピュータの起動時に STOP 0x4E、STOP 0x1A、STOP 0x50、および STOP 0xA エラーが発生する
対処方は新しいメモリに交換すること。
今回は手持ちのDDR3 SO-DIMMに交換したところ、エラーが全く出なくなりました。
現行のDDR3であれば非常に安く手に入りますが、DDRやDDR2の新品を買うよりも新しいパソコンを購入した方が割安かもしれませんねぇ。

余談:Lenovoの診断プログラム

今回障害が起きたLenovo ThinkPad L520ですが、診断プログラムは2種類あります。
1.CD/USBブートの診断プログラム
CD/USBブートの診断プログラムは非常に簡素(ショボイ)。
  • 物理メモリ
  • ハードディスク
の2種類しか診断できません。
提供形式はISOファイルなので、USBブートをするには自分で何やかんやしないとイケません(これまたショボイ!)
Lenovo診断プログラムのダウンロードは下記リンクからどうぞ。
Lenovo 診断プログラム 起動ディスク (Bootable CD) - デスクトップ/ノートブック/ワークステーション/サーバー
2.ThinkVantage Toolboxの診断プログラム
今はLenovo Solution Centerですね。
Windows上から確認できる診断プログラムなんですが、こちらはいいと思います。
スケジューリングもできますから、気に入ってます。
ただ、今回のようにWindowsがまともに機能しないとなるとちょいと問題ですね。。。



スポンサーリンク

スポンサーリンク