2012/11/06

VVAULTがWindows8およびWindows Server2012の動作検証を終えました

image

Windows Home Server 2011を使い始めた時からお世話になっている仮想ストレージソフト「VVAULT」がWindows 8およびWindows Server 2012の動作検証を終えたとのアナウンスがありました。

インストールを行う時の注意点がいくつかありますので、ユーザは一読してからインストールおよび運用を開始しましょう。

VVALT公式ブログ

Windows 8 / Windows Server 2012 / Windows Storage Server 2012をお使いいただくための注意事項

注意1 新規インストールのみ対応(うっかりアップグレードはご法度)

VVAULT4.0.0は「Windows8」および「Windows Server2012」への新規インストールのみに対応しています。

予想ですが、アップグレード前の「互換性チェックリスト」にVVAULTが列挙されると思います。

Windows8 Proへの格安アップグレードキャンペーンでうっかりアップグレードすると痛い目にあいます。

[2012-10-26_190616%255B2%255D.png]

注意2 Administratorユーザでインストールは不可

稀にあるのが、一般ユーザとしてAdministratorユーザを使っているケース。

稀だと思いますが、Windows8+Administratorユーザの組み合わせだとVVAULTはインストールできません

Administratorユーザ以外のユーザを作成してインストールしましょう。

注意3 ReFSフォーマットディスクへのインストールは不可

Windows Server 2012で採用されている新しいファイルシステム「ReFS」でフォーマットされたHDDにVVAULTはインストールできません

間違ってはいけないのは「インストールは出来ない」けど「ストレージの追加は可能」です。

なお、対象はWindows Server 2012とWindows Storage Server 2012。

予想ですが、これから販売されるWindows Server 2012 Essentialsにも同じことが言えると思います。


少しずつですが、Windows Home Server 2011からWindows Server 2012 Essentialsへ切り替えを目論んでいます。

Windows Server 2012 Essentialsに切り替え+VVAULTを採用するとライセンス形態はProfessionalになってしまい、月額費用が個人では賄えない額。

そうなると残念ですがVVAULTは卒業せざるをえないですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク