2013/01/02

Microsoft MVPアワード受賞のお知らせ

image_thumb[1][3][4]
新年早々、うれしいお知らせがあります。
なんと、Microsoft MVP(Most Valuable Professional)を受賞しました。
受賞カテゴリは、Server Solutions - Windows Home Serverになり、2013年1月1日から2014年1月1日までの1年間、Microsoft MVPとして活動致します。
そんなルーキーMVPの私から2点メモしておきます。

マイクロソフトMVPアワードとは

マイクロソフトが個人の活動を評価する特別な賞、それがマイクロソフトMVP(Most Valuable Professional)アワードプログラムです。
サーバOSやデータベース、Officeなどマイクロソフトの様々な製品やテクノロジーに関する豊富な知識と経験をオンライン・オフラインで活躍している個人ユーザの過去1年の活動を表彰しています。
MVP審査応募ページをみると2012年1月時点で、世界で4,000人、日本では約200人のMVPがいらっしゃるようです。
MVP アワード プログラムについて
なお、私が所属するWHS MVPは2013年1月時点で25名となっており、私のプロフィールはすでに閲覧可能な状態になっています。
MVP プロファイル-Satoru Nasu

受賞は「WHS MVP岡部さんからの一言」が決めて

10月初旬にMicrosoft MVPに立候補する時の話。
オフライン活動が一息ついた直後
  • 家族が入院
  • 仕事が激務モードに突入
のため、ライベートの時間が皆無になり、WHSの活動が非常に難しい状況に陥ったため、2012年10月期のマイクロソフトMVPアワードプログラムの立候補は無理だな・・・と諦めてましたが、WHS MVPの岡部さんから「もう一度チャレンジしてみては?」とおっしゃってくれました。
正直、岡部さんからの一言がなければ、マイクロソフトMVPアワードプログラムに立候補をしていませんでしたし、MVPアワードも受賞してなかったでしょう。
岡部さんご本人にもオンライン上で伝えましたが、一度しかお会いしていない人間に対してここまで応援してくれた岡部さんには感謝しております。
この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。

今回の受賞は、人との関わりによるものだと思っています。
ブログやTwitter,Technetフォーラムなどオンライン、またイベント等オフライン上で出会ったすべての方々に感謝致します。本当にありがとうございました。
知識・経験ともに現MVPの方々には遠く、遠く及びませんが、今と変わらないペースで自己研鑽に努め、活動していく所存です。
1年後MVPを更新できるかどうかを考えるのではなく、大好きなWindows Home Serverを広く使ってもらえる事だけを考えて・・・
今後とも、ご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
余談:あなたもMVPに立候補してみませんか?
2013年4月期のMicrosoft MVP審査がすでに開始されています。
1歩踏み出し、新しい世界を見てみたい方は是非立候補してみませんか?
MVP審査応募ページ
応募締切は2013年1月11日になっています。
18歳未満はエントリー不可&締切厳守な点にご注意ください!
スポンサーリンク

スポンサーリンク