2014/01/12

Windows Server 2012 R2 Essentials iLO3用ホスト名の名前解決をする方法~DNSサーバ

HP製サーバにWSE 2012 R2(Windows Server 2012 R2 Essentials)をインストールし稼働させていますが、購入してから一度もiLO(Integrated Lights Out)を触っていませんでした。
実際に触ってみると非常に便利でして、iLO3 Advancecd Pack Licenceを購入してみたいな・・・と思うほど。
さて、iLOの各種設定が完了、テストも終わったので実運用にのせようかと思った直後、iLO3用ホスト名の名前解決が出来ていない事に気が付きました。
今回はWSE 2012 R2のDNSサーバを設定し、iLO3用ホスト名の名前解決をする方法をメモ。
WHS2011同様、WSE 2012 R2も基本、ダッシュボード以外を触る事はそうありません。

iLO3用ホスト名DNSに登録し、名前解決をする方法

  1. iLO3に割り当てる固定IPアドレスを設定、IPアドレスをメモ
    image
  2. iLOをリセット
    image
  3. WSE 2012 R2の[DNS マネージャ]を起動
  4. [前方参照ゾーン]→[新しいホスト(A または AAAA)]を選択
    image
  5. iLO3のホスト名とIPアドレスを入力
    image
  6. クライアントPCから[nslookup]コマンドを実行し、名前解決ができるか確認
ブラウザからiLO3にアクセスする場合は、ホスト名のみ、または、FQDN(Fully Qualified Domain Name)を入力しましょう。
image
image
WSE 2012 R2を再起動・シャットダウン後はDNSサーバがないため、名前解決出来ません。
その場合は、IPアドレスでアクセスしましょう。
余談:クライアントのDNSサーバのアドレス=WSEのアドレス
WSE 2012 / WSE 2012 R2のコネクタをクライアントにインストールすると、ネットワーク設定のうちDNSサーバのアドレスはWSEのIPアドレスが最初から入力されています。
image
ネットワーク上に1台のDNSサーバ(WSE)が存在し、WSEを停止したり、ネットワーク障害が発生すると名前解決ができなくなり、パニックに陥る可能性があります。
Bing.com等インターネットにつながらない!などの報告が上がってきた場合はWSE上のDNSサービスをチェックしましょう。
また、WSEはエンタープライズ サーバーOSのため、基本「無停止(24時間365日)」になります。
障害を未然に防ぐ or 最小限にするため、ハードウェア、ネットワークはしっかりとした物を選定したいですね!
スポンサーリンク

スポンサーリンク