2014/04/21

Windows Server 2012 R2 Essentials スタートパッドやダッシュボードの実行ファイルはどこにあるのか?

先日、Windows Server 2012 R2 Essentialsのドメイン環境にメンバー サーバ(Windows Server 2012 R2 Standard)を参加させた直後、スタートパッド(LaunchPad.exe)が起動していない事に気が付きました。
起動しないのが正常なようですが、「そういえば、実行ファイルはどこにあるんだろうか?」と思い、調べてみた内容をメモ。
Connector Softwareもそうですが、WHS2011とは違うのね・・・

実行ファイルの格納先

C:\Windows\System32\Essentials

実行ファイルは全15個

格納先には実行ファイルだけでなく、DLL等が存在しています。
単独で実行する事はないでしょうが、必要そうな実行ファイル名とアプリケーションの説明、バージョンを列挙してみました。
  1. BackupDriverInstaller.exe
    • Windows Server Driver installer for the Restore Files and Folders wizard
    • v6.3.9600.16384
  2. BackupLaunchpad.exe
    • Windows Server BackupLaunchpad
    • v6.3.9600.16384
  3. ClientDeploy.exe
    • Windows Server Client Deployment Wizard
    • v6.3.9600.16384
  4. ClientTools.exe
    • ファイルの説明なし
    • v6.3.9600.16384
  5. DashboardClient.exe
    • Windows Server Dashboard
    • v6.3.9600.16384
  6. EssentialsTrayApp.exe
    • Windows Server Essentials トレイ アプリ
    • v6.3.9600.16384
    • 日本語
  7. InstallAddin.exe
    • Windows Server Install an Add-in
    • v6.3.9600.16384
  8. Launchpad.exe
    • Windows Server Launchpad
    • v6.3.9600.16384
  9. MountBackupWizard.exe
    • Restore Files and Folders wizard
    • v6.3.9600.16384
  10. NoAutoPlay.exe
    • Windows Server AutoPlay Suppressor
    • v6.3.9600.16384
  11. PasswordSyncClientAlerts.exe
    • Windows Server Password Synchronization Client Alerts
    • v6.3.9600.16384
  12. ProviderRegistryService.exe
    • Windows Server Provider Registry Service
    • v6.3.9600.16384
  13. RunTask.exe
    • Windows Server RunTask
    • v6.3.9600.16384
  14. SharedServiceHost.exe
    • Windows Server Shared Service Host
    • v6.3.9600.1638
  15. WseClientMonitorSvc.exe
    • Windows Server Client Computer Monitoring Service
    • v6.3.9600.16384
EssentialsTrayApp.exeのみ言語が日本語になっていました。なぜだろうか・・・
その他実行ファイルは、「C:\Windows\System32\Essentials\ja」に多言語化のリソース ファイルが用意されていますね。
Windowsフォームを多言語対応にするには? - @IT
余談:C:\Program Files\Windows Server\Binは?
当初、C:\Program Files\Windows Server\Bin配下に実行ファイルがあるのかな?と予想しましたが、外れでした。
こちらには2個のフォルダがあり、調べるとアドイン絡みの設定ファイルのようです。
  1. FeatureDefinitions フォルダ
    1. Launchpadフォルダ
    FeatureDefinitions フォルダのDefinition XML File、および、Definition Configuration XML Fileは、WHS2011やWSEのアドインに関連するファイルのようです。
    Launchpad フォルダは、スタートパッドの設定ではないかと思います。
    Office 365のMicrosoft オンライン アカウントを割り当てた直後、同フォルダにWssg.O365.Client.dll、および、スタートパッドの「Microsoft Office 365」で使っているアイコン イメージが表示されました。





    スポンサーリンク

    スポンサーリンク