2014/07/24

WS 2012 R2 Essentials の役割サービス「DFS 名前空間」と「DFS レプリケーション」は何に使われているのか?

先日投稿した記事「WS 2012 R2 Essentials スタートパッドの共有フォルダーは分散ファイル システムで管理されている」を書いている最中、実行中のサービス「DFS 名前空間「および「DFS レプリケーション」は何のために使用されているのか気になりました。
今回は、Windows Server 2012 R2 Essentialsの役割サービス「DFS 名前空間」と「DFS レプリケーション」が何に使われているのかをメモ。
まだまだ分からない事ばかりですね。

「DFS 名前空間」役割サービスとは?

Technet ライブラリ「DFS 名前空間と DFS レプリケーションの概要」では、下記のように説明されています。
複数のサーバー上に配置する共有フォルダーを、論理的に構造化された 1 つ以上の名前空間にグループ化することができます。
ユーザーには、各名前空間が一連のサブフォルダーを含む 1 つの共有フォルダーのように見えます。
ただし、実際には、さまざまなサーバーおよび複数のサイトに配置された多数のファイル共有から、名前空間の基礎となる構造が構成されます。
Windows Server 2012 R2 Essentialsの場合、共有フォルダ[Shared Folders]にグループ化されています。
image
DFSの設定確認は標準では出来ません。
そのため、[DFS 管理ツール]機能をインストールする事で確認出来るようになります。
2014-07-23_2017412014-07-23_201811
DFS 名前空間を調べると
  1. ドメインベースの名前空間
  2. スタンドアロンの名前空間
の2種類があり、Windows Server 2012 R2 Essentials では2番目の「スタンドアロンの名前空間」を利用しています。
2014-07-23_203442
試しに「ドメインベースの名前空間」を利用すると下記のように空表示になります。
2014-07-24_000945

「DFS レプリケーション」役割サービスとは?

Technet ライブラリ「DFS 名前空間と DFS レプリケーションの概要」では、下記のように説明されています。
複数のサーバーやサイト間で効率的にフォルダー (DFS 名前空間パスで参照されるフォルダーなど) をレプリケートすることができます。
DFS レプリケーションは、RDC (Remote Differential Compression) と呼ばれる圧縮アルゴリズムを使用します。
RDC はファイル内のデータに対する変更を検出し、DFS レプリケーションにより、ファイル全体ではなく、変更されたファイル ブロックのみをレプリケートします。
[DFS 管理ツール]画面から確認すると、Windows Server 2012 R2 Essentials における「DFS レプリケーション(DFSR or DFS-R)」は、SYSVOLのレプリケート(複製)のために利用されていました。
2014-07-24_001352
設定内容の概要は下記の通り。
  • ローカル フォルダ
    C:\Windows\SYSVOL\domain
    2014-07-24_001738
  • レプリケート フォルダ
    \\ServerName\SYSVOL\DomainName.local
    2014-07-24_001742
  • クォータ
    4,096 MB
DFSRのログは下記パスに保存されています。
C:\Windows\debug\DfsrXXXXX.log.gz
2014-07-23_2253012014-07-23_225225
2014-07-23_225252
参考にしたサイト
スポンサーリンク

スポンサーリンク