2014/10/01

予告どおり中小企業向け Office 365 のプランが変更されました

7月あたりにアナウンスされていた中小企業向けOffice 365のプランが変更されました。
Windows Server 2012 R2 Essentials はOffice 365 との統合が可能ですので、今後どのプランが対象となるのか今一度確認してみました。

Windows Server 2012 R2 Essentials におけるOffice 365のプラン

Windows Server 2012 R2 Essentials はOffice 365との統合が可能なOSです。
Office 365 とサブスクリプションを所有していない状態でダッシュボード上から統合を行おうとすると
  • Office 365 Small Buisiness
  • Office 365 Midsize Business および Enterprise
の各種プランが表示され、[試用版]又は[購入]が可能です。
image
10月1日夕方の時点で購入リンクをクリックしてみると
  • Small Business Premiumプラン
  • Enterprise E3プラン
のページが表示されており、どちらも契約出来そうです。
imageimage

新しい中小企業向けプランは3つ

では、10月1日からはどうなったのか。
Webページ「一般法人向け Office 365 のプランを比較する」を確認すると、小規模企業やSOHOでも使える基本となるプランは3種類。
  1. Office 365 Business Essentials
    Office アプリケーションが不要だが、OneDrive for BusinessやExchange OnlineなどMicrosoft オンライン サービスは必要な人向け
  2. Office 365 Business
    Office アプリケーションとOneDrive for Businessが必要だが、Microsoft オンライン サービスは不要な人向け
  3. Office 365 Business Premium
    Office アプリケーションとMicrosoft オンライン サービス、どちらも必要な人向け
どのプランも最大ユーザー数(シート数)は300人まで拡張されています(旧プランは25人)。
2014-10-01_202056
Windows Server 2012 R2 Essentials 上で確認できた各種プランは現行プランのどれに当たるのか?
それは、ビジネスプロダクティビティ製品チーム ブログ記事「中小企業向けの Office 365 プランを強化; 2014年」でしっかり説明されています。

※上記は「中小企業向けの Office 365 プランを強化; 2014年」に掲載されている画像です

ダッシュボードでは旧プラン「Small Business Premium」がまだ表示されていますが、今後Windows Server 2012 R2 Essentials 向けに何らかのアナウンスがあるかもしれません。
期待して待っていたいと思います。
スポンサーリンク

スポンサーリンク