2015/11/19

Windows Server Essentials コネクターがアップデートされました~Windows 10のインストール作業が簡単に

11月17日、Windows Server 2012 R2 Essentials向け更新プログラム「KB3105885」がリリースされました。
この更新プログラムをWindows Server 2012 R2 Essentialsにインストールする事でWindows Server Essentials コネクターがアップデートされ、Windows 10のインストール作業が簡単になります。
今回は、Windows Server Essentials コネクターをアップデートする更新プログラム「KB3105885」を紹介します。


今までのWindows Server Essentialsコネクター

Windows 10からWindows Server Essentials コネクターのダウンロードURLへアクセスし実行ファイルをインストールすると「予期しないエラーが発生しました。~」の実行エラーが表示されます。

MicrosoftはWindows 10専用のWindows Server Essentials コネクターを用意し、ユーザーが別途ダウンロードしインストールする事でこの問題を解決してきました。

詳しくは以前の記事を御覧ください。
Windows 10に対応したWindows Server Essentials コネクターがリリースされました~KB2790621

オプションの更新プログラム「KB3105885」が全てを解決

11月17日にリリースされたオプションの更新プログラム「KB3105885」をWindows Server 2012 R2 Essentialsにインストールする事でWindows 10においてWindows Server Essentials コネクターが正常にインストールできます。

更新プログラム「KB3105885」のインストール方法は2種類あります。
  • Windows Updateのオプションからインストール
  • Download Centerからダウンロードしインストール
11月19日正午時点になりますが、Windows Updateのオプション一覧に「KB3105885」が表示されていました。
サーバーにリモート接続し更新プログラムをインストールする方法が一番簡単でしょう。
なお、サーバーの再起動は不要でした。

ファイル バージョンは16384から18093へ変更

更新プログラム「KB3105885」をインストールする前後のWindows Server Essentials コネクターのファイル バージョンを見比べてみました
新しい実行ファイルのバージョンは「6.3.9600.18093」、古い実行ファイルは「6.3.9600.16384」となっておりファイルが新しくなっている事が分かります。

Windows Server 2012 R2 Essentialsは非システム管理者の方でも簡単に利用できるWindows サーバーOSです。
今回の更新プログラムを適用する事でWindows 10と連携するWindows Server Essentials コネクターのインストール問題がなくなりました。
非システム管理者の方々には特に朗報ではないでしょうか。

最後に。
不測の事態を考慮し、更新プログラムを適用する前にWindows Server 2012 R2 Essentialsのバックアップをお忘れなきよう。
スポンサーリンク

スポンサーリンク