2016/03/02

Windows 10 右クリック→コンテキストメニューが表示されるまで異常に遅い場合の対処法

Lenovo ThinkPad TwistのWindows 10のみで発生していた「右クリック→コンテキストメニューが表示されるまで異常に遅い」現象の原因が分かったのでメモ。



原因はIntelのigfxDTCM

今回の原因はコンテキストメニューにあるIntelの項目が悪さをしているとの事でした。
先人の方々に感謝!
右クリックによるメニューの表示が遅い・重い(Windows 10) - memorandum

2014年5月以降リリースのIntel HDグラフィックスドライバで右クリックが重い問題を解決する

コンテキストメニューにある
  • グラフィック・プロパティー...
  • グラフィック・オプション
が原因だそうです。

レジストリは削除しないとダメ

レジストリをいじる時は「まずはリネーム」を基本としてますが、今回の場合は削除しないと効果がありませんでした。


レジストリ エディターから手動で削除するもよし、Command PromptやPowerShellから削除するもよしです。
削除対象はHKEY_CLASSES_ROOT(HKCR)なので、PowerShellを使う場合は事前にHKCRへアクセスできる前処理が必要です。
#New PSDrive(HKCR)
New-PSDrive -Name "HKCR" -PSProvider Registry -Root HKEY_CLASSES_ROOT

#Check Key
$target = "HKCR:\Directory\Background\shellex\ContextMenuHandlers"

#Remove Key
Remove-Item -Path "$target\igfxDTCM"

#Check Key
Get-ChildItem -Path $target

#Remove PSDrive
Remove-PSDrive -Name HKCR
スポンサーリンク

スポンサーリンク