2015/06/09

Office Lens を使って書類を撮影しOneNoteで共有しよう

先日開催したPowerShell 勉強会で使用したA4用紙をスキャンするため、Microsoft製アプリ「Office Lens」を使ってみました。
スキャン機能を始め、保存先にクラウドが利用できるなど非常に便利なアプリでしたのでご紹介します。

Office Lensとは

Office Lensは、Microsoftが開発したAndroidアプリです。
ホワイトボードや書類を撮影→自動的でトリミング→平面化→画像を保存するアプリです。
※ScanSnap等キュメント スキャナーをSmart Phoneで実現すると言えばいいでしょうか。

使い方は簡単

使い方は非常に簡単です!
アプリを起動しA4用紙などを撮影しようとすると用紙の枠を自動的に計算してくれます。
下記画像の白い枠線は自動的に検出できた状態です。
なお、使ってみた限り、白い用紙を置く場所が濃淡であれば簡単に検出してくれます。しかし、用紙と近似の色だと誤認識する事があったので、その場合は用紙範囲を手動で指定してください。
枠に沿って画像を切り抜き、動的に画像を平面化してくれます。
画像の調整が可能です。私は「ホワイトボード」をよく選択しています。
保存ボタンをタップすると、OneNoteやOneDriveへ保存が可能です。

    パッと撮影、パッと共有

    今回のPowerShell 勉強会では、カリキュラムやサンプル スクリプトを全てOneNoteで管理していたので、勉強会で使用したA4用紙をその場でパッと撮影し、その場で共有しました。
    一つの場所に情報を集め、共有する。
    数年前では非常に難しいことが今では直ぐに、そして、簡単に始める事が出来ます。
    是非使ってみてください。
    スポンサーリンク

    スポンサーリンク